製作ノート「草木染め」 / All-Natural Dyestuffs Used

マンゴスチン mangosteen dye 染め

■草木染め All-Natural Dyestuffs Used

服に仕立ててから、1枚1枚手染めをしています。

天然染料(いわゆる草木染めに使う植物性のもの、動物性のもの)を使用し、何度も染め重ねて色を出しています。柔らかくくすんだ深い色合いは、天然染料ならではのものです。All our clothes are hand dyed using natural dyes described in detail elsewhere on this web site.

■主に使っている天然染料

*藍に関しては、現在はすくも、琉球藍、自家製の泥藍などを中心に使っています。

 

■草木染めの手順(藍や柿渋は行程が異なります)Dyeing process

1、細かく砕いた材料を、鍋にいれます。水で満たし火にかけ、30分ほど煎じます。水を換え同じ事を数回くりかえし、できた液を染料液とします。写真は蘇芳。The natural materials used as dyes (plant leaves, tree bark and galls, insect shells, . . . ) are crushed or cut up when dry into small pieces, placed in a pot and boiled in water for 30 minutes. The water is then strained to remove the dye extract. This process is repeated several times, until all the dye is extracted from the original material.
1) 細かく砕いた材料を、鍋にいれます。水で満たし火にかけ、30分ほど煎じます。水を換え同じ事を数回くりかえし、できた液を染料液とします。写真は蘇芳。The natural materials used as dyes (plant leaves, tree bark and galls, insect shells, . . . ) are crushed or cut up when dry into small pieces, placed in a pot and boiled in water for 30 minutes. The water is then strained to remove the dye extract. This process is repeated several times, until all the dye is extracted from the original material.
 
コットンリネンガーセのブラウス のり抜き後、洗いをかけたところ
コットンリネンガーセのブラウス のり抜き後、洗いをかけたところ

 

2) 火にかけながら、染めるものを入れて煮ます。30分ほど。濃さをみながら時間を調節します。

3)流水で洗い、余分な染料を落とします。

4) 媒染液にひたして、染料を定着させます。Then, the clothing is removed and placed into a mordant bath for 30 minutes.

 

5、3→4の工程を繰り返して、濃く染め重ねます。
5、3→4の工程を繰り返して、濃く染め重ねます。

 

 

■媒染について About mordant

草木染めであっても、媒染剤の中には人体に有害であるものも存在します。

製作には、錆びた釘と木酢や食酢から作った自家製の鉄媒染液、漬物などに使う食用みょうばんを水に溶かしたアルミ液の二種類を使っています。どちらも安全です。

 

© 2013 tamami watanabe  このサイト上全ての記事(写真、文章)の無断転載を禁じます。All text and photos on this website are protected by copyright. It is unlawful to copy or otherwise use them without the express permission of the author or photographer.

雨の前に

今日の午後から雨が降り始め、3日間ほど降り続くとの予報。染め重ねてきたものも、そろそろ作業の終盤に。それと同時に、染め上がったものを大急ぎで「海へ・・・」で洗濯していました。

夕方には夫と息子が日本に帰ってくるので、5時にはきっかり作業をやめて晩ご飯も作らないとならないのです。となると、一日が短く感じます。でも、さすがに夕方の6時、7時まで染め作業を続けるともうぐったりなので、5時に終了でちょうど良いのかも。

それにしても、カディコットンって、どうしてこんなに色が入りにくいんでしょう。厚手のリネンと同じくらい繰り返し染め重ねないと色が入りません。軽い素材は手で絞るのが楽なので、それが非常に助かります(←腱鞘炎の人)。

 

もみじ 光がキラキラ
光がキラキラ

 

やっぱりグリーンを少しだけ染めました でもなかなか濃くならない
グリーンをほんの少しだけ染めています。 でもやっぱりなかなか濃くならず、どうしてやめようと決めたのか思い出しますがもう遅い。 黄色を足すのに、ミロバラン→ざくろ→クチナシと、染め材料も変えてきましたが、今回はミロバランに戻りました。

 

紺の染め重ね
紺の染め重ね。こちらはきれいな色。 雨が降ってくる前に。

 

リネンブラウス
これは、生地のリネン色(生成り)を生かすつもりだったのに、間違って染めてしまいました。 リネン色のステッチが染まらず残っています。