サイゴン 続き

ベトナムに来るといつも思い出すのは、小学校6年生の時に同じクラスにいた、ベトナム難民の大人びた女の子たち。彼女たちの兄弟姉妹が各学年に散らばっていました。

ベトナムの家族や実家の写真を見せてもらったのですが、それが結構な豪邸。子供心に「裕福な家庭の子供なんだなぁ」と思ったのを覚えています。確か、二人ともベトナムに両親を置いて、兄弟だけで日本に避難していました。

外国に興味深々だった私は、彼女たちと仲良くしていて、うち一人の家にも食事に招待してもらいました。一番上のお兄さんが働いていて、小さな部屋に兄弟みんなで暮らしていました。

その後、二人とも私も引っ越してしまい、それっきり。あれからもう30年以上経ちましたが、祖国に戻ることができたのでしょうか?

中庭 HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh
ひっそりと静かな中庭  HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam

 

サイゴンで一番古いエレベーター HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam
サイゴンで一番古いエレベーター HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam

 

中庭 HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh
HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam

 

郵便局へもう一度行く。アオザイ姿の女性発見。Central Post Office Bưu điện Trung tâm Sài Gòn
中央郵便局へもう一度行くと、アオザイ姿の売り子さん発見。Central Post Office/Bưu điện Trung tâm Sài Gòn, Vietnam

 

ベトナム滞在もここ最近、ぐっと快適になりました。かつては、滞在中ずっと目を三角にしていたのが嘘のよう。

ベトナムのタクシーといえば、改造メーター、意図的に遠回りされたり、よくわからない上乗せ料金を請求されたり(払いませんけどね)で有名でした。私もこれまでの苦い思い出が山盛り。今回はタクシー会社2社を利用しましたが、トラブルなしでとてもスムーズ。運転手さんたちの平均年齢もぐっと若返っていました。世代交代というところでしょうか。

今では安心して乗る事ができるバンコクのタクシーも、かつては同じ手口で悪名高かったそうです。だんだん国民の経済状態がよくなって、外国人をボラなくてもやっていけるようになるんでしょうか。国際基準になっていく過程はどこも似ているのかも知れません。

街には活気があふれ、みんな目をキラキラさせて働いているし、、、。なんだか、どよ〜んとしているバンコクとはかなり違います。日本もうかうかしていると、すぐに追い越されそうです。国として長い長い歴史があり、外国からの侵略と戦い続けてきた国なのですから。若い人口も多いし、どんどん伸びていくでしょうね。

自分の生きている間に、一つの国がこれだけの変貌を遂げる姿をみられるというのも、なんだか感慨深いです。

疲れた〜
疲れた〜

 

4歳で滞在した時は「こんなところ(サイゴン)、ぼくのやる事ないよー」と泣いていた息子も、今回の滞在を楽しんだようです。

タイのように、うろうろする犬たちに追いかけられる心配もなし(そんな犬は食べられてしまうんでしょうか)。タイは犬相(人相)の悪い犬がたくさんうろついていて、大の犬好きの私でも、日が落ちてからは道を歩くのが怖いと思うほど。

辛いタイ料理と違って、マイルドなベトナム料理は子供の舌にあっているようです。すべて食事は完食。次回のサイゴン滞在では、料理教室に行きたいと息巻いています。私も行きたいわー。

相変わらずのバイクの洪水。
相変わらずのバイクの洪水。道を渡るのもやっと慣れました。夫が歩くと、モーセの十戒のようにバイクの波が割れます。Công trường Quách Thị Trang, Saigon, Vietnam

 

バイクの洪水の中を自転車で ベテランおばあさん
バイクの洪水の中を自転車で ベテランおばあさん Công trường Quách Thị Trang, Saigon, Vietnam

サイゴン

所用でサイゴン(ベトナムのホーチミン)に来ています。

気温38度のバンコクから来ると、32度のサイゴンが涼しく感じます。

ここには来るたびに高層ビルが増えています。二年後には地下鉄も開通するそう。この写真のような植民地時代の低層の建物は取り壊されてどんどん少なくなり、街もどんどん変わりますね。

行き交う人々の服装もすっかり今風になり、通りを走る車の数も増え、初めてベトナムに来た十数年前に比べると、別の国にいるような気がします。

 

 

街の中、珍しくアオザイ姿の女性がいる!、、、と思ったら、この二人は日本人でした。こちらで仕立てたばかりなのでしょうね。満喫している姿が楽しそうで、なんだかうらやましくなりました。ドーナツ売りの兄さんは、このまま頭にお盆を乗せて去っていきました。

 

全身スーパーマン(ケープ付き)の服でおしゃれしていた兄弟。母子で記念撮影しているところを横からパチリ。

 

街中の中高等学校。中庭もあり、とても美しい建物です。こんなところで毎日過ごせるなんて、いいなあ。日本の公立学校なんて、コンクリート造りですもんねぇ。

Local high school "Trường THPT chuyên Trần Đại Nghĩa"
Local junior high school “Trường THPT chuyên Trần Đại Nghĩa

藍染めの街 その2

とあるお店に展示してあった藍染めの材料 左の丸いカゴに入ったのは、固形状になった藍ですね こちらの工房では、藍建てにココナツの灰やスターフルーツなどを使うようです。

続きです。

宿からでてすぐの通りには、市場がたっています。これも午前中限定の朝市でした。お昼頃になると、みんな蜘蛛の子を散らしたようにいなくなってしまうのです。

糸を紡ぎ、育てた藍で染め、村人みんなで織ったものを持ってきた女性もお店をだしていたのですが、お昼過ぎに通ったときには、もういなくなっていました。残念、、。

昼間暑くなるタイの気候では、このシステム(?)はとても合理的ですね。みんな、一仕事終え、家に帰って休んでいるのでしょうか。

そういえば、前回の滞在では、夜の7時半をすぎて外にでたらすでにシャッター街。食べるところを探すのに苦労しました。(この街では、夜になると妖怪でもでるのかも)。

朝市にて。昼頃になると、蜘蛛の子を散らしたように誰もいなくなってしまいます。(手前に亀の入ったボウルがあったのですが、うまく写ってなくて残念)。
朝市にて。(手前に亀の入ったボウルがあったのですが、うまく写ってなくて残念 ←亀はスープにでもして食べるのでしょうか?)。

 

村の人が織った藍染めのパーシンを売っていた女性たち。
村の人が織った藍染めのパーシン(サロンスカート)を売っていた女性たち。

 

とあるお店に展示してあった藍染めの材料 左の丸いカゴに入ったのは、固形状になった藍ですね こちらの工房では、藍建てにココナツの灰やスターフルーツなどを使うようです。
とあるお店に展示してあった藍染めの材料 左の丸いカゴに入ったのは、固形状になった藍ですね こちらの工房では、藍建てにココナツの灰やスターフルーツなどを使うようです。

 

こちらは天然染料の材料
こちらは天然染料の材料 マリーゴールドやキーレック、マンゴスチンなど

 

マンゴーの木にたくさん実がなっていました。トタンの塀がいいぐあいにボロボロに。

 

おしゃれなカフェ(多分)もちらほら

 

今回の滞在もあっという間でした。

帰りの飛行機の窓から下をみたら、小さな街の周りに田畑が広がっています。今回知り合った藍の村の人たちは、ここから来ているのかな?あちらの村かな?と思いながら出発。無事にバンコクへ帰ってきました(帰りはジェット機でした!)。

次回はちょっと足を延ばして、藍染めの村へ行ってみるつもりです。

藍染の街 再訪問

藍染の街に再び来ています。ちょうど一ヶ月ほど前に来た街です。

バンコクから飛行機で入ったのですが、なんと今回は小さなプロペラ機でした。そのプロペラ機、バスに大きな扇風機がくっついたかのような風体。きっとこの路線は乗客数が少ないのでしょう。機内に入ると、一列4席しかなく、内部もまるでバスのよう。一瞬不安になります。

そういえば、ボーディングゲートで待っている時、2歳にもならないような男の子が走り回っていて、いや〜な予感がしたのです。

案の定、飛行機にのるやいなや、その子が大声でギャンギャン泣き叫んでいました。そうだよね、怖いし、泣きたい気分だよねぇ、私も泣きたいよ〜、、と、かわいそうに思ったのですが、その後すぐ私は熟睡モードに入ったようで、まったく記憶がありません。

それにしても、こんな時、白い目で見たり、苦情を言ったりしないタイの人。お母さんたちにとっては、子育てしやすい環境でしょうねぇ。

着陸直前にもかなり揺れ、となりの席に窮屈そうに座っていた、キチッとスーツを着た大きな体のタイ人男性が、前の座席にしがみついているのを見てしまいました。彼も泣きたい気分だったのかもしれません。なにはともあれ、生身のまま着いてよかったです(前置き長いな)。

ちょうどバンコクも蒸していて雷雨の予報だったところ。到着前にここへも雷雨が来たらしく、空港のまわりは沼と化していました。街中は涼しくてまるで避暑地にきた気分。爽やかさに歌でも歌いたくなります。

 

一歩バンコクから離れると、やはり別世界です。木造のタイの家が立ち並び、路上にねこや犬がうろうろしていて、人ものんびり。みんな恥ずかしそうにニコッとするのがバンコクの人と違います。タイらしさのまだまだ残る地方都市、やっぱり居心地良しです。

週末なのにガラガラの大通り
週末なのにガラガラのメインストリート このあと犬に吠えられてここから退散

 

こんな家も普通に残っていてびっくり
こんな家も普通に残っていてびっくり

 

早速でかけ、街をうろうろして、藍染めの手紡ぎ手織りストールをみていたら、おしゃれなタイ人カップルが。旦那さんが、買ったばかりらしいストールをしていたので、どこで買ったのか聞いてみました。ついでに立ち話。二人ともバンコクから来ているとのこと。奥さんがアーストーンで非常に控えめな色合いの織りのサロンスカートをはいていたので、そちらも聞いてみれば北タイで買ったとのこと。

タイにはまだ探せばあるんですね、そんなすてきな織りの布が。街の名前も聞いてきたので、ぜひ次回行ってみなければ。

今日の収穫 Indigo scarfs I got today
今日の収穫 Indigo scarves I got today

 

布やマッドミー(イカット)のパーシン(サロンスカート)を買おうと思っていたのですが、今回はストールばかりになりました。昨日も今日も、紙袋をたくさんぶら下げて、遭難しそうになって宿にたどり着きました。

前回シンプルな藍のスカーフを扱っていた男装の麗人もいなかったし、カゴ売りのおばちゃんもいませんでしたが、織りの先生に話を聞いたり、家族で藍を栽培して織っている若い女の子に話を聞いたり、学ぶことも出会いもありました。

それにしても、このストールたちの柔らかさ。綿をふっくら紡いであるので、まるでカシミアのような手触りのものもあります。ひとつひとつ織りの具合もまちまちなので、直接見て選んでいただいたほうがいいかな、、。春と秋の展示に持っていきますね。

 

タイティーでひとやすみ
タイティーでひとやすみ 飲むたびなぜ赤いのか不思議なのですが、誰に聞いても訳を知らない。

3/5追記:タイティーやラオスティーが赤いのは、キュアリングと呼ばれれる加工処理の後に、タマリンドの種を加えるためだそうです。タマリンドは、トムヤムクンに入っている酸味のある豆です。東南アジアでは藍染にも使われています。

 

カリカリポークと空芯菜の炒め物。目玉焼きと。My late lunch; Pad Pak Bung Fai Daeng with Moo Grob.

遅めのお昼ご飯。オムレツを頼んだのですが通じなかったよう←でもそんなのどうでも気にしません。自分で作った空芯菜炒めよりも30倍おいしくてワナワナと感動。おじさんに「美味しかった!」と伝えると、ニコニコしながら「そうか!ところで、君はフィリピン人?」と返されました。

 

日が暮れると空気も冷たく、フェイクファーのジャケットを着ている若い女の子たちをお寺の周りで見かけました。フェイクファー、流行っているの?私もジャケットを持って来ればよかったと思いましたが、さすがにファーコートはね、、。タイの人の体感温度がまったく違うことをこんなとき思います。

猫たちも前足を丸めて縮こまっていました。彼らにとっても寒いようです。

藍染めの街

バンコクへ帰りがてら、藍染めの街を通ってきました。

下調べしておいた、藍染めや織りをしている郊外の村へ行ってみたかったのですが、車をチャーターできるかホテルで聞いてみても、手応えのないフニャフニャの答えに出鼻をくじかれます。

時間もないし、(旅行も終盤で疲れていたし)、それなら布だけでも少し手に入らないか、、、と思い、クラフトを扱っているOTOP(一村一製品運動)のショールームへ行ってみるも、中は夜逃げでもしたかのようにがらんどう。

が、たまたまその隣にあった商工会議所のお姉さんに思い切って聞いてみると、なんと日本語のできる友達に電話をかけてくれたのです。聞けば、藍染めのお店が並ぶ通りがあるというではありませんか。タイ語ができなくても、あたって砕けてみるものですねぇ。

昔ながらのタイスタイルの家が並んでいます
昔ながらのタイスタイルの家が並んでいます

 

ここで持ち手のついた籠を購入
途中、ここで持ち手のついた籠を購入。籠売りのおばさんは、午後に通った時にはすでに店じまいしていて、ここから籠ごといなくなっていました。

 

ここは普通のテーラー。藍染めの服も飾ってあります。

 

藍染め市にて。マッドミー(絣のスカート)を専門に売っていた女性。
マッドミー(絣)のパーシン(サロンスカート)専門のお店。もちろん、天然藍染めで手紡ぎ手織り。センスもよくて柄もきれいに縦横合っています。上手な人が織ったことがわかるのですが、はて、どうやって使おう、、?と考えると買うのを迷ってしまいました。

 

こちらのご夫婦はストール中心。マッドミーもありました。
こちらのご夫婦はストール中心。マッドミーも少しありました。

 

私の持っていた籠を見て「いくらだった?」と尋ねてきたおばあちゃん。自分の自慢の籠をだしてきて「私のはここんとこが細いんだよ」と。二人ともマッドミーで作った巻きスカートやパンツを着用しています。
私の持っていた籠を見て「いくらだった?」と尋ねてきた右のおばあちゃん。自分の自慢の籠を家からだしてきて「私のは、ここら辺の目がこまかいんだよ」と。二人ともマッドミーで作った巻きスカートやパンツを着用しています。

 

タイティーで一服。
タイティーで一服。

 

細いダイヤ模様に柄が浮き出た藍染め布。手織り。二巻き手に入れました。
細いダイヤ模様に柄が浮き出た藍染め布。こちらも天然藍染めの手紡ぎ手織り。二巻き手に入れました。

 

体調不良で始まり、実りのないかに見えた今回の旅も、藍染め布やストールを手に入れることができ、よいシメとなりました。次回は買う気でスーツケースを持って出直します。