大荒れの一週間

日本は大雪で大変な一週間でしたね。みなさまお元気でお過ごしでしょうか?週末も荒れるようですが、どうぞお気をつけてお過ごしください。

長野もマイナス10度近くまで下がる日が続いているようです。アトリエの土間に残してきたカブトムシの幼虫が凍っていないか(毛布をかけてきましたが)心配です。

 

今日は三日ぶりに固形食を食べました。というのも、どうも感染性の胃腸炎にかかっていたらしいのです。悪いものを出した後は、二日のあいだ、泥のように眠って治りました。人間の体って、ちゃんと治るようにできているんですね。でも、バトンタッチで息子が発症。体力があるためか、さすがに回復が早いのが救いです。

どこで拾ったのかわかりませんが、タイにいれば食あたりや感染症などよくあること。自炊すれば防げると思いましたが、そうでもありませんでした。でもまあ、日本でもインフルエンザの流行中ですし、火山の噴火、大雪などなど、、完全に安全な場所などありませんよね。どこにいても気を抜かずにいなければならないということでしょうか。

来月半ば、ちょうど旧正月の前にサイゴンへ向かいます。そろそろベトナムビザの申請をしなければなりません。

ベトナム大使館はわりあいと近くにあるのですが、ぞろぞろと行くのも面倒だなぁ、、と思いつつ、ビザ申請書を印刷するのにインターネットで調べていました。すると、一年前からeビザなるものが始まったとのこと。こちらの方は手続きも自宅(ネット)で済み、申請料も三分の一ほど。今回は試しにこちらを利用することにしました。

タイもこのシステムが始まると聞きますが、早く施行されてほしいものです。

アジアに来ると、藍染の布を探してさまよい歩くのですが、今回はそれは見送る予定です。行きたい場所はいろいろあるのですが、まずは長野の家に置いてあるストックを使ってからにしようと思っています。

(写真はすべて去年サイゴンで撮ったもの)。

サイゴン 続き

ベトナムに来るといつも思い出すのは、小学校6年生の時に同じクラスにいた、ベトナム難民の大人びた女の子たち。彼女たちの兄弟姉妹が各学年に散らばっていました。

ベトナムの家族や実家の写真を見せてもらったのですが、それが結構な豪邸。子供心に「裕福な家庭の子供なんだなぁ」と思ったのを覚えています。確か、二人ともベトナムに両親を置いて、兄弟だけで日本に避難していました。

外国に興味深々だった私は、彼女たちと仲良くしていて、うち一人の家にも食事に招待してもらいました。一番上のお兄さんが働いていて、小さな部屋に兄弟みんなで暮らしていました。

その後、二人とも私も引っ越してしまい、それっきり。あれからもう30年以上経ちましたが、祖国に戻ることができたのでしょうか?

中庭 HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh
ひっそりと静かな中庭  HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam

 

サイゴンで一番古いエレベーター HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam
サイゴンで一番古いエレベーター HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam

 

中庭 HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh
HCMC Fine Art Museum/胡志明美术馆 Bảo tàng Mỹ thuật thành phố Hồ Chí Minh, Vietnam

 

郵便局へもう一度行く。アオザイ姿の女性発見。Central Post Office Bưu điện Trung tâm Sài Gòn
中央郵便局へもう一度行くと、アオザイ姿の売り子さん発見。Central Post Office/Bưu điện Trung tâm Sài Gòn, Vietnam

 

ベトナム滞在もここ最近、ぐっと快適になりました。かつては、滞在中ずっと目を三角にしていたのが嘘のよう。

ベトナムのタクシーといえば、改造メーター、意図的に遠回りされたり、よくわからない上乗せ料金を請求されたり(払いませんけどね)で有名でした。私もこれまでの苦い思い出が山盛り。今回はタクシー会社2社を利用しましたが、トラブルなしでとてもスムーズ。運転手さんたちの平均年齢もぐっと若返っていました。世代交代というところでしょうか。

今では安心して乗る事ができるバンコクのタクシーも、かつては同じ手口で悪名高かったそうです。だんだん国民の経済状態がよくなって、外国人をボラなくてもやっていけるようになるんでしょうか。国際基準になっていく過程はどこも似ているのかも知れません。

街には活気があふれ、みんな目をキラキラさせて働いているし、、、。なんだか、どよ〜んとしているバンコクとはかなり違います。日本もうかうかしていると、すぐに追い越されそうです。国として長い長い歴史があり、外国からの侵略と戦い続けてきた国なのですから。若い人口も多いし、どんどん伸びていくでしょうね。

自分の生きている間に、一つの国がこれだけの変貌を遂げる姿をみられるというのも、なんだか感慨深いです。

疲れた〜
疲れた〜

 

4歳で滞在した時は「こんなところ(サイゴン)、ぼくのやる事ないよー」と泣いていた息子も、今回の滞在を楽しんだようです。

タイのように、うろうろする犬たちに追いかけられる心配もなし(そんな犬は食べられてしまうんでしょうか)。タイは犬相(人相)の悪い犬がたくさんうろついていて、大の犬好きの私でも、日が落ちてからは道を歩くのが怖いと思うほど。

辛いタイ料理と違って、マイルドなベトナム料理は子供の舌にあっているようです。すべて食事は完食。次回のサイゴン滞在では、料理教室に行きたいと息巻いています。私も行きたいわー。

相変わらずのバイクの洪水。
相変わらずのバイクの洪水。道を渡るのもやっと慣れました。夫が歩くと、モーセの十戒のようにバイクの波が割れます。Công trường Quách Thị Trang, Saigon, Vietnam

 

バイクの洪水の中を自転車で ベテランおばあさん
バイクの洪水の中を自転車で ベテランおばあさん Công trường Quách Thị Trang, Saigon, Vietnam

サイゴン

所用でサイゴン(ベトナムのホーチミン)に来ています。

気温38度のバンコクから来ると、32度のサイゴンが涼しく感じます。

ここには来るたびに高層ビルが増えています。二年後には地下鉄も開通するそう。この写真のような植民地時代の低層の建物は取り壊されてどんどん少なくなり、街もどんどん変わりますね。

行き交う人々の服装もすっかり今風になり、通りを走る車の数も増え、初めてベトナムに来た十数年前に比べると、別の国にいるような気がします。

 

 

街の中、珍しくアオザイ姿の女性がいる!、、、と思ったら、この二人は日本人でした。こちらで仕立てたばかりなのでしょうね。満喫している姿が楽しそうで、なんだかうらやましくなりました。ドーナツ売りの兄さんは、このまま頭にお盆を乗せて去っていきました。

 

全身スーパーマン(ケープ付き)の服でおしゃれしていた兄弟。母子で記念撮影しているところを横からパチリ。

 

街中の中高等学校。中庭もあり、とても美しい建物です。こんなところで毎日過ごせるなんて、いいなあ。日本の公立学校なんて、コンクリート造りですもんねぇ。

Local high school "Trường THPT chuyên Trần Đại Nghĩa"
Local junior high school “Trường THPT chuyên Trần Đại Nghĩa

お茶を探して

Saigon March 2015

このホームページを新しくする作業が、ほぼ終わりました。字の大きさなど、これくらいで見づらくはないでしょうか?

去年も一昨年も、この時期に見た目だけリニューアルしているのですが、一年も経つと(去年からは特に)いろいろ変化もあるので、もう少し加筆と修正もしなければなりません。また追って徐々にやっていきますね。

 

Saigon March 2015
Saigon, March 2015

 

こちらに来る前に、アイルランドにいる友人が長野の自宅にたくさん紅茶を送ってくれたのですが、それを持って来ればよかったと後悔しています。

チェンマイでは、高地で栽培されているコーヒー豆も紅茶も中国茶も簡単に手に入ったのですが、バンコクではどこを探してもタイ産のよい紅茶が見つかりません。先日も、近所の市場の乾物売りのおばさんに聞いたら「スーパーマーケットを見てみたら?」と言われてガックリ。外国人用のスーパーにも、せいぜいT社のティーバッグくらいしかありません。

街角では、タイコーヒーやタイティー(どちらもびっくりするくらい甘い)の屋台はたくさんあるのですが、あの茶葉やコーヒーはどこから来ているのでしょう?謎です。

こちらに住んでいる友達に聞くと、シンガポールのTWG TEAなら色々な紅茶があるよ、と。ペナンにもTWGはありましたが、キンキラ黄金に輝くお店が豪華すぎて、私にはとても入りづらいのです。

リトルインディアで買った紅茶も無くなってしまったし、朝起きて水を飲むのも味気ないし、、と思っていた矢先、今日は、日本から来たばかりのキョウコさんから、朝飲むのにぴったりのお茶とコーヒーをお土産にいただきました。キョウコさん、明日からいただきます。どうもありがとう!

さて、コーヒーといえば、ベトナムとラオス。ビザの関係で一度タイを出なければならないので、ベトナムへ行こうかと一瞬迷いましたが、今回は、まだ行ったことのない南ラオスへ足を延ばすことにしました。ラオスはのんびりしていて大好きな滞在先。コーヒーのプランテーションや手織り布を探すのも楽しみです。明後日から数日間、行ってきます。

 

blog_31st March, Saigon Day 2

サイゴン大教会 Saigon Notre-Dame Basilica, Ho Chi Minh City, Vietnam, Jan 2011

製作関係の所用にて、サイゴン(ベトナム・ホーチミン)へ行ってきました。

ベトナムを去る時は「もうコリゴリ、、二度と絶対来るものか」と心に誓って国を発つのですが常ですが(でもすぐ忘れる)、今回は一度も騙されず、しかもまた来たいと思いつつサイゴンを後にしました。滞在期間が短すぎて、騙されたのに気がつかなかったのかもしれませんが。

それにしてもサイゴンに行きやすくなったことは確かです。観光客の数が急激に伸びていて、受け入れ態勢が整って来ているようです。ストリートチルドレンや物乞いは一掃され、街は観光客だらけ。欧米や中国からはともかく、マレーシア人もよく見かけました。

サイゴン在住のNさんには大変お世話になりました。古いアパートメントをカフェにした、サイゴンならではのすてきなお店に連れて行って頂きました。東京のMさんとお友達には、ローカルエリアのヤギ鍋を食べに連れて行っていただきました。自分ひとりだけだったら、とてもたどり着けなかったことでしょう。腸はともかく、脳みそや脊髄があんなにおいしいなんて知りませんでした!

ペナンやタイで食べるものがワンパターン化していたので、地理的には近くても、全く違った食文化のあるベトナムはとても新鮮な滞在でした。

デジカメを持って行かなかったので、残念ながらヤギ鍋写真はないのですが、代わりに4年前に撮った画像を下に。今回の写真は現像したら機会を見ていつか載せますね

センスのよい刺繍や雑貨の豊富なサイゴンで、どのお店にも行かなかったことに気づいたのは、バンコクへ帰って来てからでした、、、。

 

サイゴン大教会 Saigon Notre-Dame Basilica, Ho Chi Minh City, Vietnam, Jan 2011
サイゴン大教会 Saigon Notre-Dame Basilica, Ho Chi Minh City, Vietnam, Jan 2011

 

Ho Chi Minh City, Vietnam, Jan 2011
Ho Chi Minh City, Vietnam, Jan 2011