もうすぐ帰ります

morning glory

立体裁断の講習も、残すところあと明日1日を残すのみとなりました。

初日の月曜日に、絶望的な気分で学校を出てホテルに戻ったのが、もう遠い昔のように感じます(二日目も絶望は続きました)。この一週間で上手くなったというわけでは全くないのですが、自分の中の改善すべき点が山のようにあることに気づくことができたこと、これが収穫のうちの一つです。

講習の内容も密度が高すぎて、なかなかまだ消化しきれていません。あとは、先生がデモンストレーションでお作りになった、神業のように美しいシルエットの残像が脳裏にあるうちに、家へ帰ってから復習しないと、、。

 

この立体裁断の講習の受講者は、かつては、企業が費用を負担して、技術向上のために送り込まれている(?)パターンナーさんたちが主だったようです(いつもパターンを助けていただいている、大谷直子さんにも同じことを聞きました)。

しかし、今のアパレルは、CADというプログラムを使ってコンピューターで型紙を作る時代。大量生産型のアパレルメーカーには、手でつくる立体裁断の必要性が低くなってしまっているそうです。でも、コンピューターでできることには限界もあるとのこと。よいものを作るには、やはり立体裁断が必要なのです。

今回の講習の参加者は、自費で受講しているパターンナーさんたちと私だけの少人数制。手馴れたプロのパターンナーさんに混じって、”「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」というけど、一時の恥も一週間続くとつらいなあ、、”というのを体現しながら受講していた私でした。

それでも、あまりに厳しいオーラが漂っていたため、昔は質問をするのもはばかられたという程の先生に(Tさん談)、ほとんどプライベートレッスンのように丁寧に教えていただき、この上ない贅沢な講習でした。

また来年来られるかなぁ、、(←懲りていない)。

 

毎日朝にホテルを出て、帰ってくるのは8時過ぎ(せっかく東京にいるのに、他はどこへも行かれませんでしたが)。でも、自分のためだけにこんなに時間を使うことができるなんて、子供が生まれて以来、初めての一週間です。

大人になると、なかなか勉強したくでもできないですよね。今回、どっぷり学校の課題に取り掛かることができたのはとても幸運でした。家で息子の面倒をみていてくれる夫、それを助けてくれた実家の母や妹にも感謝です。染めばかりに入れ込んでいないで、よりよいパターンもできるように精進します!

 

明日(土)の夜に長野へ戻ります。あさって(日)には選挙にいかないと。

morning glory MAMIYA M645 Pro TL Sekor 80mm F/1.9 Fuji Velvia 400 (Cross processing)
Summer 2013

 

余談ですが、、、、

今日、私が着ていたブラウス(イギリスの女性デザイナーMさんが、実用的でシンプルなライフスタイルを提案しているブランドの、、←ピンとくるかたもいらっしゃるのでは?)を先生にお見せして、肩のあたりの線についてご意見を伺ったのですが、これも参考になりました。

特別に安い服でもなくて、しっかり作ってあるようでいても、パターンに問題の服というのは、やはり多いものなのですね(私感ですが)。安い服なら言わずもがな、です。

着にくい、流れが美しくない、へんなシワがでる、、などなど、立体裁断がこのパターンの問題に答えをだしてくれます。ならば、もっと努力して上手にならないといけませんね。

自由学園明日館展 無事に終了しました

明日館4 - 1

 

自由学園明日館での展示が、無事に終了いたしました。おいでくださったみなさま、改めてどうもありがとうございました。

明日館の魅力が大きいのだと思いますが、時間の流れ方がゆったりとしていて、とてもよい展示でした。おいでくださった皆さまには時間をかけてご覧いただけ、お一人お一人お話しをすることもできました(できなかったこともありましたが、、すみません!)。

以前にお買いくださった私の服を着てお見えになる方々も多くいらっしゃいました。素材や染めが、いい風合いに育っているのを見ることができて、家を出て行った子供に再会したような、嬉しい2日間でもありました。

先月のfog展にも来てくださったIさん、今回も来てくださったのですが、Rm1925(明日間の展示の部屋)に入って見えたときに、「あっ、素敵なブラウスを着ていらっしゃる」と思っていたのです。が、お話しを聞いたら、fog展で買っていただいたシルクコットンのカディブラウスだったのでした、、、。Iさん、失礼致しました。でも、そのカディもすっかりIさんに馴染んでいて、見違えてしまったのです(と、言い訳)。

 

明日館3 - 2

 

2日目はすっきり晴れて気温も上がり、1日目とはまったく正反対のお天気。土砂降りでもピッカリ晴れていても、やはり明日館は美しい建物だなぁ、と思います。

明日館のスタッフ、藤岡さんはじめ、みなさまにも大変お世話になりました。藤岡さん、菅原さん、いつぞやの藍染のブラウスを着て来てくださり、ありがとうございました。明日館の工芸研究所では、色の配色のきれいなエプロンなども購入できて(エプロン購入が明日館展での恒例)、私も大満足です。

 

明日館2 - 1

 

明日館2 - 1 (1)

 

昨日は夜の10時過ぎに自宅に着きました。

そぉ〜っとぬき足さし足で家に入ったのに、夫が起きてきてしまいました。そこから、私のいない間の夫の苦労話が始まります。息子の学校の件で毎日大変だったようです。おまけに、音楽の時間につかうリコーダーを探して、家中あちこちひっくり返したそう(←結局、学校に置いてあったらしい)。半分ねぼけまなこで聞いていれば、気がつくと真夜中過ぎ。酔っ払って遅くに帰ってきて、妻の愚痴を聞かされる人の気持ちが少しわかりました(私は酔っ払っていませんよ)。

また明日から藍染に戻ります。

クラフトフェアまつもと 終了しました

柏善 上原善平商店さん(今回は行かれませんでした。残念!)。

今シーズン最後の展示、クラフトフェアまつもとでの展示が終了しました。

ブースにお寄り下さったみなさま、お買い上げくださったみなさま、お声かけてくださったみなさま、私の体調を心配してくださったみなさま、どうもありがとうございました!ヒマラヤ杉の木陰のブースは風も心地よく、楽しい二日間が過ごせました。ここで1年に一度だけお会いし続けている方も多くいらっしゃいました。クラフトフェアまつもとの根強い人気を感じます。

沢山のクラフト作家さんの作品をみることの出来るせっかくのこの機会なのですが、先々週のぎっくり腰から回復していないこともあり、数人の方のブースをちょっと拝見するだけで精一杯。それぞれベテランの、織りの小河さんホームスパンの新藤さんおなじみガラスの前田さん、ハリネズミのピンクッションなど人気の木工作家寺下健太さん、、etc。みなさんの手を通すと、シンプルな素材がこうも変身するものなのだと改めて思わせる作品達でした。あの方も、この方も見たい、と思いつつも、体調不良で回る事ができず残念でした。

染めも体力勝負ですね。自分の健康と相談して、今後はカラーリネンも使っていこうかな、などとも思っています。しばらくは安静にしつつ、来年の計画を練ります。

みなさまも、初夏の爽やかな頃を楽しんでくださいませ!

柏善 上原善平商店さん(今回は行かれませんでした。残念!)。
柏善 上原善平商店さん(今回は行かれませんでした。残念!あれ?この写真前に使った様な気が、、、?)。

 

クラフトフェアまつもとの写真は、沢山の方がブログなどにアップしているので、私は今回撮りませんでした。会場になっているあがたの森公園にある建物の写真は3枚ほど撮ったので、現像したらアップしますね。

あけまして おめでとうございます

penang shophouses ペナンの風景

000010

あけまして、おめでとうございます。みなさまがご健康で良き一年をお過ごしになりますようお祈りいたします。

さて、こちらではしずかな新年を迎えました。息子は漢字練習と算数のドリルと格闘、私はデザイン作業などして一日が終わりました。心配なニュースの多いこの頃、こうして何事も無く過ごせるということ自体が幸せなのでしょうね。

さて、これから夕方の散歩に行ってきます。こちらは日が長いので、夜7時を過ぎてもまだ明るいのです。