チャイナタウンへ

過ごしやすいお天気が続いています。まるでクラフトフェアまつもとの開かれる頃の長野のように、カラッとして快適。

でも、この気候はタイの人には寒すぎるよう。スウェットシャツやダウンジャケット、冬のコートを着て歩く人を見かけます。体感気温が全く違うのに驚きます。

 

この涼しいお天気のうちに、買い出しのためチャイナタウンへ。チャイナタウンは活気があり、バンコクで一番好きな場所です。

朝から準備して、意気揚々とタクシーで出かけました。乾物通り(勝手に命名)で干しエビを買おうと思ったら、小銭入れしか持ってきていないことに気がつき、がーん。前にも全く同じことをしたような覚えがあります。

仕方ないので、リトルインディア(チャイナタウンの中にあります)でお昼を食べて、すごすごと退散。

この後、家に帰るために乗ったタクシーに、わざわざ遠回りされたのでした。道が違うときは、渋滞を避けるためだったりするのですが、今回は必要以上の遠回り。考えてみれば、まともに乗った時と比べてたった150円くらいの差なのですが、だまされるというのは気分が良くないものです。

 

翌日、一人で地下鉄に乗って出直しました。

いつもの漢方薬局へ五倍子を買いに。お店の人に手違いがあり、それを説明しても話が通じません(タイ語のできない私が悪いのですが)。たまたま近くにいた尼僧さんが、親切に英語で通訳してくれました(下は別の漢方薬局です)。

いつものお店で、気に入っている薄めの貝ボタンをたくさん買い、リトルインディアで茶葉を買い、乾物通りで乾物をいろいろ買い込んでいたら、あっという間に荷物が10キロ近くになってしまいました。バックパックを背負って、たくさん袋をぶら下げ、まるで夜逃げのような格好です。

重くなるだろうと予想してカメラを持っていかなくてよかった(写真は以前に撮ったものです)。

チャイナタウンは相変わらず中国系観光客でいっぱいです。中華圏からきているのになぜ?といつも思うのですが、まだ中国らしさが残っているからということでしょうか。乾物を買った時にも「シンガポールから来たの?」と聞かれました。

帰りには、1926年創業の古いタイカフェでお茶をしてきました。何度も前を通ったことがあるものの、エアコンのない建物なので、暑い時には立ち寄ったことがなかったのです。

ホットタイティーをお願いすると、コンデンスミルクのたっぷり入ったタイ式のお茶と、砂糖の入っていないぬるい中国茶のグラスがでてきました。これは嬉しい。

お店は地元の中国系のおじいさんの社交場になっているよう。おじいさん同士で話をしたり、のんびり新聞を読んだりする姿が。ノスタルジックな雰囲気にホッとします。

バンコク市内では、wifiの使えるおしゃれなカフェが雨後のタケノコのように増えていますが、こんな昔ながらのカフェはやっぱりいいですね。次回はカメラを持って行きます。

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

blog_16th March

ペナン最後の週は、荷造りや家の掃除であっという間に過ぎて行きました。時間はまだまだあると思っていても、時の過ぎるのは早いですね。

友達や知りあい、お世話になったお店の人たちにお別れを伝え、写真を撮ったりご馳走になったりしてきましたが、彼らにとっては私たちはただの通りすがりの人間なのかもしれません。

次回ペナンに住むことがあったら、ジョージタウンの中のリトルインディアに住んでみたいと思います。ペナンをペナンらしくしているのは、近隣各国からの移民や出稼ぎ人口の多さ。様々な宗教や食文化が小さな島に混在しているこんな場所は、きっと珍しいのでは、と思います。

 

Penang, Little India, cooking supplies shop リトルインディアで調理用具を探す
Penang, Little India, cooking supplies shop リトルインディアのいつものお店で調理用具を探す

 

Penang, Little India, cooking supplies shop 見送るおじさん。眼鏡が光っています。
Penang, Little India, cooking supplies shop 見送ってくれる(?)おじさん。暗闇で眼鏡が丸く光っている、、。

 

最後のロティ・チャナイ Last Rotti Chanai
最後のロティ・チャナイ Last Roti Chennai (Roti canai)  最近知りあいに教えてもらったお店では、これがパイのように層ができていて、とても上手に焼けています。もっと早く知っていれば、、、と後悔。

 

住んでいたアパートは、徹底的にきれいにしてから退去したかったので、掃除後に出発までの一晩を過ごす為に近所に宿をとりました。毎朝、アパートの台所から眺めていた高層ホテルです。

窓から外を見ると、住んでいたアパートが木々のなかに埋もれて見えます。こうして改めてみると、ペナンは緑が多いですね。

ペナンにはこれから雨期が来て、果物の実る時期。名残惜しいのですが、また何年後かに戻ってくればよいということで、今回はとりあえずさようならです。

Pulau Tikus area, Penang
Pulau Tikus area, Penang

罠を入手

Little India in Penang ペナンリトルインディアにて 台所用品のお店。一見怖そうな店のおじさんも、ほんとうはとても親切です。

こちらの学校の冬休みは12月の半ばから1月の半ばまであります。先週の火曜日はイスラムの祝日で休み、昨日はヒンズー教のお祭りで休み、そしてもうすぐ旧正月がはじまります。私の頃は土曜日だって学校に行ったのに(しかも長野は夏休みが3週間しかない←長野にいない時も多かったのですが)、こちらの子はいったいいつ勉強しているのでしょうか?1年の半分は休みなんだから、働く親にしてみればたまったものではありません。

夫が少年時代に家族でカニ捕りに行った思い出話を聞いて、息子の頭の中はカニを生け捕りする罠(仕掛け?)のことで一杯になっていました。今日はようやく釣具店をリトルインディアの近くにみつけ、その念願の罠を購入。帰り道、日差しが暑いので、罠を頭上にかざして日除けにする夫。罠として使う前から大活躍です。さて、これでカニはとれるのでしょうか?

 

Little India 台所用品のお店。一見怖そうな店のおじさんも、ほんとうはとても親切です。
Little India 台所用品のお店。一見怖そうな店のおじさんも、ほんとうはとても親切です。

 

携帯を持たないことの不便

Brewing Laotioan coffee with "cà phê phin"/ヴェトナムコーヒーのフィルターを使っています

先日リトルインディアでチャパティ用のフライパン(というか、鉄板にハンドルのついたもの)を購入。それを使って夫がトルコのパンを発酵後にコンロで焼いてたところ、半分焼けたところで突然ガスが無くなってしまいました(LPガスです)。前触れなしです。あったとすれば「スカンクのにおいがする!」と隣の部屋で息子が叫んだことでしょうか。前触れとガス切れの間が短すぎます。(LPガスは、タンクの中に残り少なくなると、ガスにつけてあるにおいが強くなるのです)。先日、夫の友達のAさんがペナンに来て下さっていたのですが、滞在中に起きなくてよかった。こんな時はフリーダイヤルにかけてガスボンベを配達してもらうのですが、スカイプではフリーダイヤルにかけられないのですよね。携帯が行方不明になり却ってせいせいしていたのですが、こんな時はあった方がよいですね。近くに公衆電話もありません。でも、近所にガスボンベを置いた店あったのを思い出し、夕方に歩いて配達の要請に行ってきました。先ほどおじさんがここ4階まで、担いで持ってきてくれました。あぁ、やっとこれでコーヒーがいれられます、、。さてこれから仕事です。

ペナンには年に二度雨期があるようなのですが、その一つがはじまったようです。雨が降ったり止んだりしています。

Brewing Laotian coffee with "cà phê phin"/ヴェトナムコーヒーのフィルターを使っています
Brewing Laotian coffee with “cà phê phin”/ヴェトナムコーヒーのフィルターを使っています