チャイナタウンへ

過ごしやすいお天気が続いています。まるでクラフトフェアまつもとの開かれる頃の長野のように、カラッとして快適。

でも、この気候はタイの人には寒すぎるよう。スウェットシャツやダウンジャケット、冬のコートを着て歩く人を見かけます。体感気温が全く違うのに驚きます。

 

この涼しいお天気のうちに、買い出しのためチャイナタウンへ。チャイナタウンは活気があり、バンコクで一番好きな場所です。

朝から準備して、意気揚々とタクシーで出かけました。乾物通り(勝手に命名)で干しエビを買おうと思ったら、小銭入れしか持ってきていないことに気がつき、がーん。前にも全く同じことをしたような覚えがあります。

仕方ないので、リトルインディア(チャイナタウンの中にあります)でお昼を食べて、すごすごと退散。

この後、家に帰るために乗ったタクシーに、わざわざ遠回りされたのでした。道が違うときは、渋滞を避けるためだったりするのですが、今回は必要以上の遠回り。考えてみれば、まともに乗った時と比べてたった150円くらいの差なのですが、だまされるというのは気分が良くないものです。

 

翌日、一人で地下鉄に乗って出直しました。

いつもの漢方薬局へ五倍子を買いに。お店の人に手違いがあり、それを説明しても話が通じません(タイ語のできない私が悪いのですが)。たまたま近くにいた尼僧さんが、親切に英語で通訳してくれました(下は別の漢方薬局です)。

いつものお店で、気に入っている薄めの貝ボタンをたくさん買い、リトルインディアで茶葉を買い、乾物通りで乾物をいろいろ買い込んでいたら、あっという間に荷物が10キロ近くになってしまいました。バックパックを背負って、たくさん袋をぶら下げ、まるで夜逃げのような格好です。

重くなるだろうと予想してカメラを持っていかなくてよかった(写真は以前に撮ったものです)。

チャイナタウンは相変わらず中国系観光客でいっぱいです。中華圏からきているのになぜ?といつも思うのですが、まだ中国らしさが残っているからということでしょうか。乾物を買った時にも「シンガポールから来たの?」と聞かれました。

帰りには、1926年創業の古いタイカフェでお茶をしてきました。何度も前を通ったことがあるものの、エアコンのない建物なので、暑い時には立ち寄ったことがなかったのです。

ホットタイティーをお願いすると、コンデンスミルクのたっぷり入ったタイ式のお茶と、砂糖の入っていないぬるい中国茶のグラスがでてきました。これは嬉しい。

お店は地元の中国系のおじいさんの社交場になっているよう。おじいさん同士で話をしたり、のんびり新聞を読んだりする姿が。ノスタルジックな雰囲気にホッとします。

バンコク市内では、wifiの使えるおしゃれなカフェが雨後のタケノコのように増えていますが、こんな昔ながらのカフェはやっぱりいいですね。次回はカメラを持って行きます。

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

暑期

住んでいるアパートに張り紙があり、今日はお昼から夕方まで断水になるということ。プールにも入れないし、少々不便なので、お昼に外出しました。

一歩外へでると、熱風が吹き荒れています。それもそのはず、最高気温は37度。体感気温48度だったようです。

そういえば先日、タイの気象庁も「暑期に入りました」と宣言したようです。日本でも、梅雨入りすると、気象庁が一歩遅れて宣言するのと同じでしょうか。

最近どうも、鈴を鳴らして通りを行き交うアイスクリーム売りの数が、ぐっと増えたような気がします。タイの人でも暑くなるとアイスクリームを食べたくなるのかなぁ?単に自分が食べたいと思っているから、よく気がつくだけなのかもしれません。

 

 

暑いうちに、来年の夏もののデザインをしています。秋冬ものは全然思いつかなくて困るのですが、バンコクの暑さのおかげで、真夏ものはスイスイです(春夏服専門になろうかとも思うほど)。

ここのところ、インドのカディコットンを織ってもらっている工房とやりとりをしています。いつもの生地のほかに、新しいものをお願いすることになっているのです。

とはいっても、相手はあのインド。びっくりするほど軽くて魅力的な生地を作ってくれることには脱帽ですが、お願いしていたのと全く違うものが届いたり、関税の額に目の玉が飛び出たり。送ってくるはずの時期に届かないのはいつものことですし、、、、必ず何か起きるので、気が抜けません。

服の形になって、みなさまにお見せできるのは随分先のことですが、楽しみにしていてくださいね。

 

これらの写真は一年ほど前にチャイナタウン周辺で撮ったもの(最近はカメラを持ち歩いていないので、新しい写真がありません)。

豆鼓や花椒を買いに寄った下のお店。店先に据えてあるお茶スタンドでは、羅漢果、菊花茶、王老吉や廿四味茶(二十四味茶)などの涼茶を売っています。こんなお茶スタンドは、香港や台湾でご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか?タイなのにチャイナタウンは、やっぱり中華圏ですよね。

龜苓膏(亀ゼリー)や羅漢果のジュースは、ペナンにいた時に涼茶舗で食したのがとても甘たるかったのです。効能はあるのでしょうが、常食したら逆に病気になりそうな気分になりました。

涼茶なら漢方みたいなのかな?一度飲んでみたいです。日本に帰る前に、もう一度買い出しにいくので、その時に寄ってみます。

 

チャイナタウンにて

おとつい、バスルームでひとり静かにしていた息子、何をしているかと覗いてみると、なんとおへそを歯ブラシで磨いて(?)いました。私に見つかる瞬間に、歯を磨いているフリに切り替えたもの、全てお見通しです。

翌日、おへそが真っ赤になって、「お腹が痛い」と言いだしたので、夫と二人で「なんとアホな奴、、」と呆れかえっていました。

今朝、近くの薬局へ行って抗生物質入りの軟膏を買いました。薬剤師さんに説明するのに、息子のおヘソを見せ、歯ブラシで歯とおヘソを磨くジェスチャーをすると、みんなで大爆笑。そりゃそうですよね、、。

抗生剤も飲ませ始めて、様子見です。あぁ、大事になりませんように。

・・・・・

今日は、バンコク滞在中のきょうこさんとチャイナタウンへ。

バンコクの楽しみかたは人それぞれだと思いますが、私にとっては、チャイナタウンとリトルインディアが一番です。何度も足を運んだオールドバンコク周辺は、どんどん変わっていくし、、、。他には、行きたいところもあまりありません。なので、チャイナタウンと聞けば、自然にテンションも上がります。

さて、そのチャイナタウンには、いろいろな問屋が集まっています。息子はおもちゃの問屋街へまっしぐら。キッチン用品の問屋では、きょうこさんは目当てのホーロー用品などを買い、私も探していた道具を見つけて満足です。いつも私が貝ボタンを買う店もこの近く。

昔の面影を残す一角。この辺はリノベーション予定らしい。
昔の面影を残す一角。この辺はリノベーション予定(残念)らしいです。Yaowarat, Bangkok

 

リトルインディアにある、(なぜか)中国寺。足元に猫3匹。Little India, Bangkok
リトルインディアにある中国寺。足元に猫3匹。Little India, Bangkok

 

隣のリトルインディアにて、テージパッタ(インドのベイリーフ)やら新たな食材をみつけて夫も嬉しそう。テージパッタは、この時とばかり1年分(それ以上ありそう)買い込んでいました。

お昼はいつものインド料理店で。インテリアにベクトルが行っていないところが好きです。その代わりに食事からスウィーツまで、なんでもとてもおいしい。

パラタ(右)に、ほうれん草とパニール(チーズ)のコフタ、マンゴーラッシー。タイ料理を食べない息子も、インド料理はパクパク。My son eating a plain paratha, palak kofta, and a mango lassi.  Little India, Bangkok
パラタ(右)に、ほうれん草とパニール(チーズ)のコフタ、マンゴーラッシー。タイ料理を食べない息子も、インド料理はパクパク。My son eating a plain paratha, palak kofta, and a mango lassi. Little India, Bangkok

 

私はパリパリのマサラドーサ。Little India, Bangkok
私はパリパリのマサラドーサを。中にマサラの効いたフィリングが入っています。迷ったらいつもこれ。こんなに上手に焼けるようになってみたい。My masala dosa and chai. Little India, Bangkok

 

お昼のあとはチャイナタウンへ戻り、揚げた豚の皮を探して乾物街をウロウロ。魚の浮き袋はいろいろ種類があったけど、きょうこさん目当ての大きさの豚の皮はありませんでした(揚げた豚の皮は、パパイヤのサラダの付け合わせになどにします)。

そういえば、去年末の広州で、揚げた魚の浮き袋が入ったスープを食べたのです。これがとてもおいしかったのを思い出しました。バンコクにいる間に、浮き袋を買って自分でも作ってみなければ。

カリカリに揚げた豚のバラ肉や塩漬け魚も並んでいて、カイラン(中国ケール)と炒めたらおいしいだろうなぁ、、と妄想しながら歩くが最高に楽しい通りなのでした。

「乾物通り」と私が呼んでいる細い通り。魚の浮き袋を揚げたもの、干した魚介類、お茶などいろいろ。Yaowarat, Bangkok
「乾物通り」と私が呼んでいる細い通り。魚の浮き袋を揚げたもの、干した魚介類、お茶など、目移りする乾物がいろいろ。私は干しエビを買いました。Street with many dried-food speciality shops, Yaowarat, Bangkok

 

きょうこさんは工芸茶を購入。吊るしてあるのは魚の浮き袋や湯葉です。Yaowarat, Bangkok
きょうこさんはきれいな工芸茶を購入。上に吊るしてあるのは、魚の浮き袋や湯葉。Yaowarat, Bangkok

 

夜になると、夕食を食べに来る観光客でいっぱいの通り。昼間はのんびりです。Yaowarat, Bangkok
夜になると、シーフードを夕食を食べに来る観光客でいっぱいの通り。昼間はのんびりです。Yaowarat, Bangkok

 

ツバメの巣のスープを食べてみたいと思いながら、いつも写真を撮るだけの店。Yaowarat, Bangkok
ツバメの巣のスープを食べてみたいと思いながら、いつも写真を撮って通り過ぎるだけの店。Bird’s nest soup and shark fin soup shop, Yaowarat, Bangkok

 

ラボ(フィルムを現像してもらう)のある通り。昔ながらの雰囲気をよく生かしています。Bangkok
フィルムを現像してもらうために寄ったラボ。中もなかなか素敵でした。この辺りは、昔ながらの雰囲気をよく残していてなかなかよいです。Yaowarat, Bangkok

 

最近出かけたといえば、近所のヒンズー教のお寺まで散歩に行って、帰りに南インド料理を食べたくらい。ブログに書く出来事に困るほどの地味さ。なので、今日のチャイナタウンほっつき歩きは、ここ一番のハイライトなのでした。

中国本土も最近は近代的なお店が増えていて、街もどんどん変化を続けています。それとは逆に、このチャイナタウンは、昔懐かしい中国っぽさが残っているように思います。それを見るのも楽しくて、何度来ても飽きません。

次回は厚いまな板とボタンを買いに行きます。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!
みなさま、今年のお正月をいかがお過ごしでしょうか?

カウントダウンの花火もなく、とても静かなバンコクの年明けを迎えました。

相変わらず涼しいお天気が続いていますが(30度〜32度くらい)、考えてみれば今は一年で一番寒い(?)時期なのでした。しばらくはこの過ごしやすさを満喫することにします。

・・・・・

さて、年末に行ったチャイナタウンの続きです。

 

チャイナタウンはいつ行っても活気があります。

いつも行く漢方薬局で、染め材料を調達。目当てのものも珍しく在庫があったので、たくさん買っておきました。

そういえば、タイのチャイナタウンでは、漢字が読める=中国語が分かる、と思われて、中国語で対応を受けます。日本人が漢字を使っているなんて、世界では知らない人の方が多いのではないでしょうか?それを思えば不思議ではありませんよね。

染め材料を買っている漢方薬局 Chinese medical herb store from which I buy dye material in Bangkok
いつも染め材料を買っている漢方薬局 漢方薬局って、沢山の引き出しがあっていいなあ、、と思って眺めています。 Chinese medical herb store from which I buy dye material in Bangkok

 

この下の薬局には親切なおじいさんがいるのですが、今回はお留守でした。

こちらもチャイナタウンの薬局。飛び出ているシナモンが気になります。Yaowarat, Bangkok
こちらもチャイナタウンの薬局。飛び出ているシナモンが気になります。Yaowarat, Bangkok

 

夫はこの台所用品店で、大きな肉用の包丁を2つ購入。日本へ帰って使うのが楽しみなのだそうです。その隙に、私は隅に置いてあった琺瑯の弁当箱を激写。日本ではみられない色遣いですよね。

台所用品店の片隅にあった弁当箱。日本ではみられない色遣い。Yaowarat, Bangkok
台所用品店にて。Yaowarat, Bangkok

 

豚のお面はどうやって食べるのでしょう?夫はここで鴨のロースト(左)を買っていました。Yaowarat, Bangkok
豚のお面はどうやって食べるのでしょう?肉好きの夫は、ここで鴨のロースト(左手前)を買っていました。Yaowarat, Bangkok

 

帰ってきて早速お茶を入れ、リトルインディアで買って来たインドのお菓子をあけました。ペナンで食べたこれに似ていますが、バターとアーモンドの香りのする細い細い針のような飴が積み重なり、サクサクふわふわです。作り方を調べたら、大変手がかかりますが自宅でも作れそう。長野に帰ったら試してみたいです。

One of our favorite Indian sweets called “Soan Papdi” is made from palm sugar, clarified butter, chick pea flour, pistachios and almonds. The process is complicated and time consuming if done by hand, but that which is sold commercially as shown in the photo is machine made. This sweet is flakey and goes wonderfully with a strong black unsweetened tea.

リトルインディアで買ったお茶請け Suan Popdi I bought in Little India
リトルインディアで買った「スアン・パプディ」 “Soan Papdi”

 

ようやくリトルインディアとチャイナタウンの辺りも地理事情がわかってきたので、ウロウロせずにすみました。今回の買い出しも成功!

 

しばらくはどこもお正月休みのようで、近所のお店もほとんどが閉まったまま。お店が開き次第、シーチング(綿の布)を買って、ドレーピングを始めるつもりです。

blog_28th March, Bangkok, Day 3

スーコタイからバスでバンコクへ来ました。

スーコタイから6時間でバンコクのバスターミナルに到着予定でしたが、それが大幅に遅れました。道中、1時間ほどウロウロ寄り道していると思ったら、なんとタイヤを探していたようです(ぐーすか寝ていた私は、そのタイヤ交換の音で目が覚めました)。 ほらね、バスで移動すると、絶対なにか起きるんですから。

バンコク到着後は、市内のラッシュでタクシーがなかなか進まず、結局バンコクの宿に着いたのは、スーコタイを出て10時間後でした。

 

それはともかく、バンコクに着いた翌日に向かったのは、チャイナタウン。

 

いくつもある漢方薬局のひとつ。Chinese medicinal herb store, Chinatown, Bangkok
いくつもある漢方薬局のひとつ。Chinese medicinal herb store, Chinatown, Bangkok

 

2015chinatown6
路上でも漢方(漢方のお茶?)を売っている人も。Sidewalk vendor of Chinese herbs, Chinatown, Bangkok

 

息子と夫をスターバックスに置いて、私は染め材料を探しました。

目当てのお店にはなかったけれど、店主が親切に他のお店を教えてくれたので、そちらで無事に見つかりました。どこもそうですが、漢方薬局には、薬を入れる沢山の引き出しがあり、目の前には亀の甲羅だの、タツノオトシゴだの、小さな乾燥蛇だの、わけの分からない物が並んでいて、つい写真を撮ってしまうのです。

染め材料のあとは、服飾材料を買ってから帰ってきました。いつもは迷いまくってたどり着くのですが、やっとどこにどのお店があるか分かるまでになってきました(←今頃)。

 

2015chinatown4
おいしそうな蟹やエビ。Crab and shrimp seller, Chinatown, Bangkok

 

2015chinatown5
これは中国ソーセージ(香腸)のお店。ディスプレイと乾燥を兼ねているのでしょうか? Chinese sausage store, Chinatown, Bangkok

 

いつも滞在しているプロンポン周辺も、ここ10年でどんどん変わりました。大きなショッピングモールが道をはさんで向かい側にまで拡張していています。テナントを見ると、ペナンのモールと同じような店ばかり。

大きな都市は、どこへ行っても同じようなものばかりでつまらないですね。タイには、手仕事の見られる場所やお店が残っているのが、まだ救いですが。

それに引き換え、バンコクのチャイナタウンは、昔からあまり変わっていないのでしょうけれど、何度行っても強い個性と目新しさと面白さがあります。今度はチャイナタウン周辺に滞在してもいいなあ、なんて思いました。

 

燕の巣やフカヒレのスープ専門店。Bird's nest and shark's fin soup restaurant
燕の巣やフカヒレのスープ専門店。Bird’s nest and shark’s fin soup restaurant, Chinatown, Bangkok

 

2015chinatown3
そろそろドリアンの季節です。Durian seller, Chinatown, Bangkok