染め日和

みなさま、楽しいゴールデンウィークをお過ごしになりましたか?からっとしたよいお天気に恵まれて、さわやかな連休でしたね。私もこのお天気を味方に、染め三昧でした。

どこへも出かけられないので、息子には悪いなぁ、、と、ちらっと思いましたが、本人は庭をかけまわって遊び呆けていたので、そんなことはどうでもよかった様子。(そういえば、ゴールデンウィーク中にどこかへ行ったことってないなぁ、、)。

藍は毎日少しずつ染め重ね、そのつど洗って、このようにズラリと並べて干します。日に日に少しずつ濃くなっていくのがわかります。藍の色というのは、海の色や空の色と同じく、いくらながめても飽きません。

 

先日煎じたコチニール、染め重ねもそろそろ終了です(濃いものは、コチニールとラック、茜をつかいました)。

今月19日から3日間のhako plusでの展示ですが、近日中にDMを発送いたします。

到着までもうしばらくお待ちくださいませ!

コチニール染めとインディゴ服

庭がすっかり緑になりました。りんごやライラックの花も咲きはじめました。

そろそろ花粉症のシーズンも終わりのはずですが、まだまだマスクが手放せません。

この春から、外での染め仕事には防塵マスクを使っているのですが、これがとても優れていることに気がつきました。マスクもいろいろつかいましたが、今のところこれが最強。

ただ、見た目が大仰なのが玉にキズ。クチナシかなにかで黄色く染めたら、まるでアヒルのくちばしです。先日、息子が登校するのを見送りにこの姿で外にでたら、近所の小学生のお母さんに「そっ、それは、、マスクですか?」と聞かれました。

 

赤やピンクを染めるのに、去年はラックと茜を使いました。先日、染め材料入れをひっくりかえしていたら、買ったまますっかり忘れていた1kgのコチニールが。これも使ってみることに。

コチニール キラキラです Cochineal
コチニール キラキラです Cochineal

 

水に酢酸を少し入れてコチニールを煮出します。ぐつぐつ鍋で煮出して、染料をとること数回。煮出した液を全部合わせて染めに使います。

酢などで染料のphを調節したり、媒染の仕方を変えると、様々な色ができます。濃く染めればわりと退色しにくい。やっぱりコチニールはいい染料だと思います(高価ですが)。

煮出したもの。右が一番目、左が二番目。Cochineal extract
煮出したもの。右が一番目、左が二番目。Cochineal extract

 

今回は、インディゴ染めのリネンやコットンリネン布を初めて使ってみました。よく洗いをかけてある、滑らかでいい生地です。これで、チュニックやワンピース、スカートを作りました。ガラガラ洗って、いい風合いに。これもhako plusでの展示に持っていきますね。

クラフトフェアと染めの色落ち

出展きまりました

5月の最終週末にあがたの森公園でひらかれるクラフトフェアまつもとに、今年は出展できることに決まりました。

去年は選考に落ちてしまい、毎年クラフトフェアでお会いしていたみなさまとも再会できず、とても残念でした。クラフトフェアそのものは、久しぶりにゆっくり見て回ることができたので、それはよかったのですが。

今年も晴れるとよいですね。今からとても楽しみです。また詳しく決まりましたら、こちらでお知らせします!

 

草木染めの色落ち

この冬のバンコク滞在も、そろそろ2ヶ月になります。息子のプールにつきあっているので、気が付いたら首の後ろが真っ黒に日焼けしていて、ガーーン!です。日焼け止めクリームもごってり塗っているのに、、(本当はケミカルなものは塗りたくないのですが)。

こちらで着るために、コットンカディのブラウス二枚とノースリーブのリネンワンピース一枚を長野から持ってきました。

この三枚をローテンションで着ています。一枚平均20回以上は洗濯しているので、染めの色落ちの具合をみていただくよい機会かと思い、現在の状態を写真に撮りました。

夜寝る前に、「海へ・・・」で洗って干すと、朝には乾いています。洗濯のたびに、洗濯液に少しずつ色が落ちているのが分かるのですが、色に大きな変化もなく、、それでもくったりといい風合いになってきました。陰干しと「海へ・・・」のおかげです。

*ご注意 弱い染料や薄く染めた色であるほど、色落ちしやすいです。

 

でも実は、左のワンピースに、ライムを絞ったときに果汁が飛んだ色抜けがあるのです。

「果汁や酢にお気をつけくださいね」とお客様にお話しておきながら、自分でうっかりやってしまいました。やはり、料理のときにはエプロンをしたほうがよいですね(特に私)。

右から、藍、五倍子、ミロバランと五倍子で染めたものです。
カディのブラウスとリネンワンピース。右から、藍、五倍子、ミロバランと五倍子で染めたものです。

 

製作

こちらはブラウスの衿の試作。

このくらい腰のある衿もつくりたいのですが、着ているうちに衿の内側に汚れがつきやすいので、草木染めすることを考えると迷います。「海へ・・・」の原液をつけて一晩おくという手もありますが、普通の中性洗剤でゴシゴシ部分洗いをすることができないので。

でも、白いリネンブラウスなら、このくらいの衿でもいいかな?と思いながら今日も作っていました。

製作ノート「草木染め」 / All-Natural Dyestuffs Used

マンゴスチン mangosteen dye 染め

■草木染め All-Natural Dyestuffs Used

服に仕立ててから、1枚1枚手染めをしています。

天然染料(いわゆる草木染めに使う植物性のもの、動物性のもの)を使用し、何度も染め重ねて色を出しています。柔らかくくすんだ深い色合いは、天然染料ならではのものです。All our clothes are hand dyed using natural dyes described in detail elsewhere on this web site.

■主に使っている天然染料

*藍に関しては、現在はすくも、琉球藍、自家製の泥藍などを中心に使っています。

 

■草木染めの手順(藍や柿渋は行程が異なります)Dyeing process

1、細かく砕いた材料を、鍋にいれます。水で満たし火にかけ、30分ほど煎じます。水を換え同じ事を数回くりかえし、できた液を染料液とします。写真は蘇芳。The natural materials used as dyes (plant leaves, tree bark and galls, insect shells, . . . ) are crushed or cut up when dry into small pieces, placed in a pot and boiled in water for 30 minutes. The water is then strained to remove the dye extract. This process is repeated several times, until all the dye is extracted from the original material.
1) 細かく砕いた材料を、鍋にいれます。水で満たし火にかけ、30分ほど煎じます。水を換え同じ事を数回くりかえし、できた液を染料液とします。写真は蘇芳。The natural materials used as dyes (plant leaves, tree bark and galls, insect shells, . . . ) are crushed or cut up when dry into small pieces, placed in a pot and boiled in water for 30 minutes. The water is then strained to remove the dye extract. This process is repeated several times, until all the dye is extracted from the original material.
 
コットンリネンガーセのブラウス のり抜き後、洗いをかけたところ
コットンリネンガーセのブラウス のり抜き後、洗いをかけたところ

 

 

4) 媒染液にひたして、染料を定着させます。Then, the clothing is removed and placed into a mordant bath for 30 minutes. (この画像は、のちにアップ予定です)

 

5、3→4の工程を繰り返して、濃く染め重ねます。
5、3→4の工程を繰り返して、濃く染め重ねます。

 

 

■媒染について About mordant

草木染めであっても、媒染剤の中には人体に有害であるものも存在します。

製作には、錆びた釘と木酢や食酢から作った自家製の鉄媒染液、漬物などに使う食用みょうばんを水に溶かしたアルミ液の二種類を使っています。どちらも安全です。

 

© 2013 tamami watanabe  このサイト上全ての記事(写真、文章)の無断転載を禁じます。All text and photos on this website are protected by copyright. It is unlawful to copy or otherwise use them without the express permission of the author or photographer.

もうすぐグレインノート展です

昨日の夜から長野でも雨が沢山降っています。台風の影響で大荒れの1日になりそうですね。みなさまも、くれぐれもお気をつけて下さいませ。大きな災害が起きないよう祈るばかりです。

…………………

ぶどうの実

小さな苗をもらってきて父が育てている、たった一本のぶどうの木。毎年沢山実がなるのを、父が絞っていますが、今年は足の調子が悪くてそれどころではないので、「どんどん好きなだけ持って行って」と(いつも好きなだけもらっていますけれど)。

昨日、夫がバスケットに一杯だけ収穫して、スロージューサーで絞ってみたら、軽く6リットル以上ありました。1リットルだけ冷蔵庫にいれて、あとはジップロックに分けて冷凍。この分では、一本の木から100リットル以上とれるのでは?

昔の南イタリアなどでは、水が悪いのでその代わりにぶどう酒を飲んで水分補給をしたという話を聞きますが、それもうなずけます。

庭のぶどう。沢山のふさが実っています。
庭のぶどう。沢山のふさがぶら下がっています。

 

ぶどうジュース。甘すぎるので、氷をいれて丁度良いくらい。
ぶどうジュース。濃くて甘すぎるので、氷をいれて丁度良いくらい。

 

グレインノート展

金曜日からのグレインノート展の準備も進んでいます。

藍の調子がよいので、ここで休ませておくのも勿体なく思え、結局その後も藍染を続けていたら、とうとう手の関節が腫れてしまいましたので、ここで断念。ムムム、、。

まとまった雨が降ってくれたので、井戸水で思う存分洗い仕上げをすることができました。それも乾いたので、今日はタグつけをして発送の準備。

2016-8-29 - 1 (4)
ストール ピンクはラックダイ、手前は藍で染め重ね中

 

ラックダイと藍で染め重ねたもの
ラックダイと藍で染め重ねたブラウス 松本へ持っていきます

 

墨染めのウールシルクパンツ。3度洗いをかけたら、あたりがでていい感じになりました。
墨染めのウールシルクパンツ。これはウエスト周りの様子。3度洗いをかけたら、あたりがでていい感じになりました。

 

もうなかなか厚手のものや長いものは染められなくなりましたが、ほんの少しだけ手元に残っているイタリアンリネンの長めのものなど、今回はグレインノートへ持っていく予定です。