ソープナッツとシャンプー豆

バンコクやペナンにいるときは、日本から持って行った「海へ・・・」をつかって、草木染めした服を洗濯していました。その他の衣類やタオルなどは、純せっけん系の洗剤が手に入らないので、ベビー用の洗剤を買って洗濯していたのですが、あちらのベビー用は殺菌を第一の目的にしており、私にはどうも強すぎるよう。咳がでて困っていました。

先進国ならいろいろ選択があるのですが、スーパーなどにズラリと並ぶのは、強い合成洗剤系のみ。仕方なしに、大箱のベーキングソーダ(重曹)を買って洗濯していたことも。

この冬、友達の峰雪さんが、ベトナムのソープナッツのことを教えてくださいました。以前に分けていただいたことのあるシャンプー豆の使い心地も思い出し、バンコクで探してみましたが、タイでは使われていないのでしょうか?残念ながらどちらも見つかりませんでした。

先日、新たに峰雪さんにいただいたのが、そのソープナッツとシャンプー豆。どちらもベトナム産です。

この丸い実がソープナッツ。日本にも生えているムクロジの仲間です。洗濯のほか、煮出した液を台所やお掃除に使えるそうです。

このくらいの量を付属の袋に入れて、洗濯物と一緒に洗濯機へ入れて洗うだけ。天然のサポニンのおかげで控えめですが泡もたち、すっきりきれいになります。排水もそのまま自然にかえしてもよさそう。(サポニンには、界面活性作用があります。水と混ぜると泡立ちます)。

洗浄力がマイルドな「海へ・・・」は、女性のおしゃれ着向けかもしれません。もっとしっかり洗いたい場合(汗をかく夫や息子の服なども)、ソープナッツなら文句なしです。二層式の洗濯機をつかっているのですが、運動着などを洗ったあと、水が汚れているのがよくわかります。弱酸性とのことで、普段着などのほか、シルクや藍染などの服を洗うのにもよさそうですね。

以前、こぬかを小袋に入れてお風呂で使ったり、藍染の服を洗ってみたことがあります。盛大にくしゃみと鼻水がでて、ひどい目にあいました。←自分にイネ科植物のアレルギーがあることを忘れていました。私のようにアレルギーやアトピーのある方も、ソープナッツなら問題ないと思います。

これまで洗剤はいろいろつかってきましたが、「海へ・・・」と、ソープナッツの使い分けで落ち着きそうです。これは嬉しい!!(洗濯のことを語りはじめると、きりがありません、、)。

ソープナッツの実は、何回か繰り返し使えます。一袋に沢山入っているので、結構な回数の洗濯が可能。次回東南アジアへ渡るときには、絶対に何袋かかかえていくつもりです!

こちらのさやは、シャンプー豆。ベトナムでは髪を洗うのに昔から使われてきたそうです。

私の普段の洗髪は、お湯で流すだけ。時々せっけんシャンプーで洗っていますが、私にとって、頻繁に洗いたい季節にはこの豆がぴったり。

このくらいの量のシャンプー豆を数個に切って、お湯をかけてエキスを出し、濾した液で髪を洗います(ベトナムでは、少し焼いてからつかうそうです)。さやがバラバラになるまで使えます。

こちらも天然サポニンのおかげですっきり洗え、それでいて洗いすぎずに髪もツヤツヤになるのです。抜け毛や薄毛にもよいそうです(私は髪が多くて困るくらいなのですが。←髪を下ろした時のあだ名は「ポカホンタス」)。

せっけんシャンプーだと、クエン酸リンスで中和しなければならず、髪にせっけんカスも残ることもあります。弱酸性のこのシャンプー豆は、その必要もありません。

人工的な洗剤の匂いは苦手ですが、このような天然のものを使っていると、草や花などの本来の香りに敏感でいられるように思います。

 

そういえば、「夏至」という(トラン・アン・ユン監督)映画に、ハノイの美人三姉妹がなかよく外で髪を洗っているシーンがあります。

シャンプーでぶくぶく泡が立っているわけでもないし、ぬれた髪をくしけずるだけで、どうやって洗っているんだろう?と思っていたのですが、その謎がとけました。このシャンプー豆を使っていたに違いありません。ベトナム人女性の髪が豊かでツヤツヤなのもうなづけますよね。

小津安二郎の映画などをみると、昔の日本人には髪がフサフサの人が多いように思います。あの時代は、合成洗剤出現の前ではないでしょうか?現代人は洗いすぎなのかもしれませんね。

ソープナッツ、シャンプー豆、どちらもおすすめです。それから、シャンプー豆の液をつくるのが面倒は方には、すでに煮出した液の瓶(写真手前)もあります。峰雪さんのサイトから、オンラインでも購入できます。こんないいものを紹介してくださって、峰雪さんありがとう!快適に使っていますよ!

Bo Ket Japan のウェブサイト

 

そういえば、今日は夏至でしたね。「夏至」を思い出していたら、また観たくなりました。

保存保存保存保存保存保存保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

染め作品のお洗濯 / Washing instructions

コットンリネン ブラウス cotton linen shirt

tamami watanabe の服は、天然の染料で一枚ずつ手染めされています。

植物の葉や幹、木の実や果実などから力をもらって染めるこの方法は、一つ一つ異なった柔らかい色を出せるのが利点ですが、一般に使われている化学染料に比べ、堅牢度(洗濯や日光などに対する強さ)に劣り、だんだんと色が変化していきます。お手入れには、以下のことにお気をつけ下さい。(For English text, please scroll down.)

■着用前のご注意:

仕上げ前に洗いをかけていますが、濃く染めた藍や五倍子など、初めの頃は色落ちする染料もあります。着用前に一度個別にお洗濯していただくことをおすすめいたします。

■通常のお手入れとご注意:

がんこ本舗から発売されている「海へ・・・」という洗剤を一番におすすめいたします。ご使用方法は、このページ下をご覧下さい。

  • 漂白剤や蛍光剤入りの合成洗剤(アタック、ニュービーズなど)は、激しい色落ちの原因となりますので、ご使用にならないで下さい。
  • 裏返しにして、ネットをご使用下さい。
  • 水で手洗い、または洗濯機の手洗いコースの設定の上、中性洗剤(エマールやアクロンなどのおしゃれ着洗い)ご使用の場合は、少量だけお使いください。
  • 洗剤を直接染めたものにかけないで下さい。水の中で溶いてから洗濯物を投入して下さい。
  • 濃色のものは、単独でのお洗濯をおすすめいたします。濡れた状態で摩擦が起きたり、そのまま放置されると、色移りすることがあります。
  • 必ず陰干ししてください。
  • 漂白剤は使えません。
  • レモン汁や柑橘系のジュース、酢などで変色します。
  • 畳んでたんすの引き出しなどの光の完全に入らない場所への保管をおすすめします。
  • 時間の経過とともに、日光などで徐々に変色してきます。

 

Our items are hand dyed with natural dyestuffs. Slight color variations make every item unique. To minimize color transfer and fading, and to extend the life of the garment, we recommend that clothes be stored away from direct heat and sunlight.

■Instructions for initial washings

The first few washings are important. Some small part of the natural dyestuff, such as that used in darkly dyed indigo garments, may wash off during the first few washings. We recommend that you wash your garment separately, by hand if possible, for the first few washings, and before wearing, especially in the case of indigo-dyed clothing.

■Regular washing instructions

• Turn garment inside-out, and place in a laundry net.
• Cold-water wash by hand or on a delicate cycle with a mild, neutral detergent. 
• Do not use bleach-based washing detergents.
• Do not pour detergent directly on garment. Dissolve or dilute detergent in water before using it.
• Wash garment separately, and remove promptly.
• Tumble dry on low, or hang to dry in shade.
• Do not bleach.
• Hot iron as desired.
• Citrus juices and vinegar may easily discolor fabric.
• Colors may rub off.
• Natural dyes may fade gently over time or when exposed to direct sunlight. This is normal.

 

海へ・・・」の使い方

「海へ・・・」は、草木染めの色落ちも少なく、少量で汚れも落とし、100%生分解するという、非常にすぐれた洗剤です。

ブラウスを洗うのに必要な量は、ワンプッシュ(1ml)。洗面器などに水をはり、しばらく浸け置きしておきます。すすぎは一度だけで済みます。以下の手順をごらん下さい。

・200ml入りポンプ1,250円、詰替えパック450ml入り1,980円で、春秋の展示会やオンラインストアで販売しています。 

・ご注意 「海へ…」をお使いでない場合は、この方法ではお洗濯できません。

・ご不明な点はコンタクトフォームよりお問い合わせ下さい。

 

© 2013 tamami watanabe  このサイト上全ての記事(写真、文章)の無断転載を禁じます。All text and photos on this website are protected by copyright. It is unlawful to copy or otherwise use them without the express permission of the author or photographer.