製作ノート「藍」/ Indigo

indigo dyed linen clothers 草木染めや琉球 藍染め リネンのワンピースやチュニック 乾燥中

自然のシンプルな材料を使って、天然灰汁発酵建てで染めています。

「すくも」「琉球藍」または「自家製の泥藍」などの、バクテリアの生きている天然藍をつかって藍を建てます。(2016年は日本における藍不作のため、南インドから来たインド藍も補助的に使いました)。

苛性ソーダ(ハイドロサルファイト)を助剤として使い、簡単にできる化学建てもあります。ですが、私は自然の材料で建てることにこだわり、基本的には草木灰や砂糖などを助剤とする天然灰汁発酵建てで染めています。

Using simple materials of Nature, dyed by natural ash fermentation.

I prepare vats of natural indigo in Nagano by fermenting indigo leaves using living bacteria. I use “sukumo” (composted indigo leaves from Tokushima), “Ryukyu ai” (indigo extract from Okinawa), or our own homegrown indigo leaves. (In 2016, I had to supplement with indigo from South India, because of the indigo crop failure that year in Japan).

Of course, it is easier to use chemicals, such as caustic soda, as reducing agents, but I continue to use natural materials, with natural ash fermentation, using vegetable ash, sugars, etc., as reducing agents.

■藍と材料/indigo and additives 

 天然藍/Natural indigo

以下の4種類のうち、手に入る材料を使います。手に入る材料は、その年によって異なります。

いずれにしても、重労働の藍草栽培を経て、手作業で作られる藍の染料です。しっかり発酵させて、余すところなく使いたいと考えています。

 

-琉球藍/Indigo extract from Okinawa

琉球藍は、沖縄で育てられる琉球藍の生葉を水に浸して発酵させ、色素のみを抽出したものです。その形状から「泥藍」とも呼ばれます。

色素を取り出すのに、大量の藍葉が必要です。例えば、20kgの泥藍をつくるのに、200kgの生葉が必要だそうです。

琉球藍 泥藍 沈殿藍 indigo extract okinawa
琉球藍。お酒で練ります。Indigo extract from Okinawa

 

-すくも/Composted indigo leaves from Tokushima

すくもは発酵したタデ藍の葉です。

すくもを作るには、収穫した藍の葉のみを取り分けて乾燥させ、一カ所に積み上げます。毎日切り返してまぜること100日。堆肥を作るように水分を調整しながら発酵させます。腐葉土のようになったら完成です。

すくもに含まれる藍の色素はとても少なく、原料となる藍葉は大変な量を必要とします。徳島では「藍師」とよばれる数少ない専門家がこの手間のかかる仕事をしています。

藍染めに使う 徳島のすくも。すくも建てします。腐葉土のよいかおりがします。composted indigo leaves from Tokushima
徳島のすくも。腐葉土のよいかおりがします。使う前には灰汁で練ります。Composted indigo leaves from Tokushima

 

-泥藍/My own indigo paste

自宅の畑で育てたタデ藍の葉から抽出した泥藍です。藍草をたくさん育てても、取れる泥藍はほんのわずか。詳しくはこちらのページをごらんください。

できたばかりの泥藍(の一部)
できたばかりの泥藍(の一部)

 

-インド藍/Indigo powder from Southern India

インド藍(ナンバンコマツナギ)の葉っぱを水の中で発酵させ、人力で抽出された色素です。南インドのタミルナドゥの代々続く藍農家から分けてもらっています。

天日でケーキ状に固めてあるものを、砕いて粉末にしてもらいます。乾燥しているためバクテリアは生きていないのですが、すくもや琉球藍が手に入らない年には補助的に使っています。

 

糖分/ Natural sugar (antioxidant) 

日本酒や水飴、果糖なども使います。自然の糖分は、藍の液から酸素を取り除き、藍が水に溶ける助けをします。

灰/ash

糖が働くよう、アルカリ性の環境を作ります。

 

■基本的な藍建ての手順/Preparing a vat of organic indigo

私のアトリエでは、200Lの容器を藍甕として使っています。

灰汁で満たした藍甕に染料となる藍を加え、糖分を与え、温度などの条件を整えてあげます。一つの甕に、すくもを14キロ、琉球藍なら10キロ使います。

以下は、琉球藍や泥藍を使った基本的な天然発酵灰汁建てを説明しています(すくもを使う場合は少し手順が異なります)。

 

7. 藍バクテリアの餌になる砂糖(今回はてんさい糖)

 

発酵を待ちます
発酵を待ちます

 

 

藍甕 24th July, 2015

 

藍の華 藍瓶 indigo vat 藍が建つと、攪拌後に「藍の華」と呼ばれる藍色の泡がたちます。
6) 藍が建つと、攪拌後に「藍の華」と呼ばれる藍色の泡がたちます。これでもう染められます。

 

染めるものをこの藍の染料液に浸け、引き出して空気に当て酸化させます。黄緑に染まった布が、酸素と反応して青く変化してきます。

この行程を何日もかけ繰り返して濃い色に染めていきます。藍のバクテリアが疲れるので、一日に染められる量はわずかです。染めた後のバクテリアの調子が戻るまで、その後、一日かかります。

黒に近いほど濃いものは、染料液に浸けては引き出し酸化させること20回以上、何日もかけて繰り返すことになります。

藍染めしたリネンの服を水につけて灰汁抜きします アクヌキ
染めた物を水につけてアク(茶色の色素)を抜きます。

 

草木染め 天然の藍で染めたシャツ natural indigo dyed shirt and blouse
藍で色々な濃さに染めたシャツ。深い海のような透き通る藍の色は、使い込んで洗うほどよい色になっていきます。

 

■ インディゴ染めと本藍染めについて

現在、市場にでている「インディゴ染め」の表記のある製品のほとんどは、化学染料である「インディゴピュアー」という人造藍をつかったものだそうです。「インディゴピュアー」(=純粋な藍)という名前がついていても、これは化学的に藍の成分を合成したもので、天然の藍ではありません。

これに対し本物の天然発酵建ての藍染め製品には、「本藍染め」または「正藍染め」などの名称がつけられています。(工業製品などには、苛性ソーダで染められたものや、インディゴピュアーなどが混用されていることもあると聞きます)。

 

参考資料
「草木染め染料植物図鑑」山崎青樹著 美術出版社
「工程写真によるやさしい植物染料入門」 吉岡常雄著 紫紅社

 

© 2013 tamami watanabe  このサイト上全ての記事(写真、文章)の無断転載を禁じます。All text and photos on this website are protected by copyright. It is unlawful to copy or otherwise use them without the express permission of the author or photographer.

保存保存

保存保存

グレインノート展のDMできました

DM発送しました

 

9月2日からグレインノート(松本)にて3日間展示をします。

この松本展のDMを長野県内におすまいのみなさまへ今日発送いたしました。来週の初めにはお届けとなると思います。

新たに送付をご希望のお方は、お問い合わせフォームにてご住所をお知らせくださいませ。

東京での展示は今回はお休みし、今秋はこの松本展のみになります(9月下旬にオンラインストアオープンの予定をしています)。

 

2016グレインノートfall_omote

 

2016fall_grainnote_atena

 

 

泥藍で染める

草木灰の灰汁を使って建てた泥藍。いよいよコットンシルクカディのブラウスを染めてみました。一回で染まる色はかなり薄めですが、キレの良いすっきりとした水色です。

2016-8-19 - 1

 

コットンシルクのカディブラウス、泥藍で3回ほど染めたもの。
コットンシルクのカディブラウス、泥藍で3回ほど染めたもの。

 

去年の琉球藍の残りとインド藍が入った容器に灰汁を入れて何日かかき混ぜてみたら、不思議なことに、こちらのほうも染められるまでに藍が建っていました。建ってもう4日目ですが、まだ元気です。琉球藍が生きていたのかどうか??、、、どうもよくわかりません。こちらも秋物を染めるのに使っています。

 

夏休み

息子の夏休みもあと数日でおしまい。自由研究だの習字だの漢字練習だの、残りの宿題も手伝わねばなりません。毎年思うのですが、自由研究というのは、親の宿題のようですね(テーマを「草木染め」にすれば簡単かも!?)。

藍がめの様子

今日の藍がめ

11日に建てた藍。

朝晩攪拌していますが、あたたかな気温のおかげで発酵もすすんでいます。ブツブツと泡がたって、いい香りがしてきました。今日の夕方には、ブロンズ(金属色の膜)が張っていたので、そろそろかな。息子のクワガタ虫も面倒を見ているうちに可愛くなってくるのと同じく、藍にもブツブツ話しかけたりして、ちょっと怪しい人になっている私です。でも、生きていてくれてとても嬉しい。灰汁でphを整えて、もう少し待ちます。

今回の秋は、シルク系のものをこの発酵建ての方で染める予定です。

 

今日の藍がめ
今日の藍がめ

 

夫がわざわざ昼間の一番暑い中に出て行って、草取りをしている甲斐が(加えて、額に大きな蚊にさされをつくって)ありました。藍も元気ですし、タイのチャイナタウンで種を買った「ピッキヌー」という唐辛子が実をつけています。

今日は初収穫をライタ(インドのヨーグルトサラダ)にいれたそう。これからいただきます。いい香りを楽しませてくれたバジルは、もうそろそろおしまいです。

タイの辛い唐辛子「プリック・キ・ヌー(ピッキヌー, Bird's eye chili)」
タイの辛い唐辛子「プリック・キ・ヌー(ピッキヌー,  Bird’s eye chili)」

 

ハチがたくさん飛んでくるバジル
ハチがたくさん飛んでくるバジル

 

りんご

真夏に赤いりんごがなっているなんて。新しい品種のよう。
近所の古道にて。真夏に赤いりんごがなっているなんて。すこし小ぶり。新しい品種でしょうか?

藍建て

泥藍を建てる

 

田んぼの上をトンボが飛んで、ツクツクボウシの声も聞こえてくるようになりました。昼間の日差しは強いものの、すでに秋の気配ですね。

2016-8-11 - 1 (4)

 

泥藍の水抜きも終わったので、先週の金曜日(11日)に藍建てをしました。そのままブログにアップしそびれていましたので、そのことを。

できたばかりの泥藍(の一部)
できたばかりの泥藍(の一部)

 

灰汁とり装置。植木鉢にワラを敷き、草木灰を入れた上からお湯を注ぎます。
灰汁とり装置。植木鉢の底にワラを敷き、草木灰を入れた上から沸かしたお湯を注ぎます。灰汁が下からでてくるのを、カメで受けます。

 

お湯を沸かして灰汁を取ること数回。右が2番出し(?)で左が3番出し。
灰汁を何杯もとります。右が2番出し(?)で、左が3番出し。濃い紅茶のような色です。

 

井戸水と灰汁で満たした容器に、できたばかりの泥藍を入れます
井戸水と灰汁で満たした200Lの容器に、できたばかりの泥藍を入れます

 

砂糖とお酒を入れてよく混ぜます。毎日混ぜて、発酵が進むのを待ちます。
砂糖とお酒を入れてよく混ぜます。

 

これを朝晩かき混ぜて、発酵が進むのを待ちます。今日で二日目ですが、すでに藍が発酵するいい香りがします。まだ気温も高いので、早めに建ってくれそうです。楽しみです!

 

柿もこんなに大きく。柿渋を作りたいと思いながら、今年も機会を逃してしまいました。
柿もこんなに大きく。青い柿で柿渋を作りたいと思いながら、今年も機会を逃してしまいました。

 

日照り

泥藍の水抜き

 

毎日カンカン照りのよいお天気です。雨が降らずに庭もカラカラ。いつもの夏よりも湿度が低いように感じます。雨乞いの儀式をしたい気分です。

さて、泥藍ですが、昨日から少しずつ容器の上澄みをすくっています。傾けると底に沈んだものが見えるほどになりました。驚くほど少ない量の泥藍です。雨が少なかったからでしょうか?藍葉の量はある程度あったものの、中に含まれる色素が少ないのかもしれません。

琉球藍の泥藍は、10キロ(の泥藍)をつくるのに100kgの重さの藍の生葉が必要だそうです。今回はどのくらいの重さになるでしょうか?

もっと水分を抜いて仕上げたら、草木灰を使って発酵建てにする予定です。

沈殿した泥藍
底に沈殿している泥藍

 

鉄媒染液(お歯黒液)

錆び釘を漬け込んだ鉄媒染液も、どんどん濃い色になってきました
錆び釘を漬け込んだ鉄媒染液も、どんどん濃い色になってきました。今月から使ってみます。

 

人台がきました!

2016-8-8 - 1 (5)

注文してから一ヶ月ほど待って、ようやく人台が届きました。

先月受けた立体裁断講習の先生が開発なさったもので、彫刻のような理想的な形。動きに必要なゆるみが入っています。

この人台を前にしていると、着心地のよい美しいものが作れそうな錯覚がします(錯覚だけで終わりませんように!)。この人台を買ってしまったので、もう後戻りはできません。頑張らないと、、。