今秋の藍染

毎日の庭の掃きそうじを終えて家に入ってくる頃には、蚊にさされたおでこをパンパンに腫らせている夫。私が一緒に庭にいても、さされるのは決まって夫、しかも狙われるのはおでこなのです。

それを見て他人事だと笑っていたのですが、私も染めの作業中に顔上部を狙われるようになりました。おでこをさされると、どうしてあんなに腫れるんでしょう?それに、今年はいまごろになって蚊が多い!

ガーデンセンターで蜂除けのネットを買っておいたのを引っ張りだし、それを帽子の上からかぶり、マスクにエプロンをして黒い長靴にゴム手袋。もはや何屋さんかわからない姿です。「書き留めでーす」とサインを求めにきた郵便局員さんの目が怯えていたようにも感じられます。でも、これで蚊にさされなくなり、一件落着。

 

この秋の藍染は、糖で建てた藍。琉球藍の残りとインド藍を使いました。

ハイドロ建てのように、わーっと一気には色は染まりついてはくれません。藍甕の中にたくさん藍は溶けているはずなのに(濃すぎるのか、引き上げたばかりのグリーンに見えませんね)、洗うとこの通り(画像下)。

ブラウスたちも、染めて洗ってまた染めて、と、15回ほど重ねてみたところ。バネ指になりましたが、濃紺にはなりませんでした。

すくも建てのように、染まりつきがゆっくりということは、落ちていくスピードもゆっくりということなのでは?と思っています。

今秋のオンラインストアは10月2日(月)21時から2週間オープンする予定です。

今シーズンは、東京、松本での展示がありません。オンラインストアをご覧くだされば幸いです。

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

製作 すすめています

カディのストールも、ノリ抜きをして洗って干しています。

ふんわり柔らかくなって、手触りも最高です。

インドの工房にお願いするとき、「両縁に藍染の糸が入るからね」と言われ、見本も送ってもらっていたのです。でも、こうして広げて干してみると、縁が目立つなあ。特に、白い方は「マザーテレサみたい(コメント by 夫)」。たしかに、、。

白のままでもいいのですが、いくつか染めてみることにします。薄い藍染の方もこの上からさらに染め重ねようかと思います。(やっぱり自分の手を加えないと気が済まないみたいです)。

 

下は、ストライプの生地で仕立てたブラウス。ツヤとハリがあり、目も詰まってとてもいい生地なのです。しかし、一度洗ってみると、地の赤っぽさが気になりました(左側)。

右はそのブラウスを藍で10回ほど染め重ねたもの。うまく落ち着いたので、こんな感じで仕上げることにしました。色の効果というのは大きいですね。

 

去年春にお買いいただいた、ラック染めのブラウスをお預かりしています。繕う糸をラックで染めたところ。

市販のポリエステル縫い糸は、色も豊富なので似た色はだいたい見つかります。でも、ブラウスは綿で縫ってあるので、綿糸を染めて使います。

ポリエステル糸を使うと、時間が経つにつれ、ブラウス本体の色とポリエステル糸の色が、徐々にあわなくなるのです。

保存保存

保存保存

もうすぐグレインノート展です

昨日の夜から長野でも雨が沢山降っています。台風の影響で大荒れの1日になりそうですね。みなさまも、くれぐれもお気をつけて下さいませ。大きな災害が起きないよう祈るばかりです。

…………………

ぶどうの実

小さな苗をもらってきて父が育てている、たった一本のぶどうの木。毎年沢山実がなるのを、父が絞っていますが、今年は足の調子が悪くてそれどころではないので、「どんどん好きなだけ持って行って」と(いつも好きなだけもらっていますけれど)。

昨日、夫がバスケットに一杯だけ収穫して、スロージューサーで絞ってみたら、軽く6リットル以上ありました。1リットルだけ冷蔵庫にいれて、あとはジップロックに分けて冷凍。この分では、一本の木から100リットル以上とれるのでは?

昔の南イタリアなどでは、水が悪いのでその代わりにぶどう酒を飲んで水分補給をしたという話を聞きますが、それもうなずけます。

庭のぶどう。沢山のふさが実っています。
庭のぶどう。沢山のふさがぶら下がっています。

 

ぶどうジュース。甘すぎるので、氷をいれて丁度良いくらい。
ぶどうジュース。濃くて甘すぎるので、氷をいれて丁度良いくらい。

 

グレインノート展

金曜日からのグレインノート展の準備も進んでいます。

藍の調子がよいので、ここで休ませておくのも勿体なく思え、結局その後も藍染を続けていたら、とうとう手の関節が腫れてしまいましたので、ここで断念。ムムム、、。

まとまった雨が降ってくれたので、井戸水で思う存分洗い仕上げをすることができました。それも乾いたので、今日はタグつけをして発送の準備。

2016-8-29 - 1 (4)
ストール ピンクはラックダイ、手前は藍で染め重ね中

 

ラックダイと藍で染め重ねたもの
ラックダイと藍で染め重ねたブラウス 松本へ持っていきます

 

墨染めのウールシルクパンツ。3度洗いをかけたら、あたりがでていい感じになりました。
墨染めのウールシルクパンツ。これはウエスト周りの様子。3度洗いをかけたら、あたりがでていい感じになりました。

 

もうなかなか厚手のものや長いものは染められなくなりましたが、ほんの少しだけ手元に残っているイタリアンリネンの長めのものなど、今回はグレインノートへ持っていく予定です。

オンラインストアをご覧下さり、どうもありがとうございます。

週末のアップはお休みいたします。来週月曜日ごろ、また何か追加したいと思います。

 

ラベンダー - 1

まとまった雨が降って、ちょっとホッとしています。庭がカラカラだったのです。井戸水を使うのも、おそるおそる。

菜園の真ん中には、金魚のいる池があるのですが、中の水がどんどん減っていました。「干上がって金魚が死んでしまうから」という理由で、息子は金魚を全部すくいあげて、その金魚を水槽にぎゅうぎゅう詰めに入れたまま庭に放置。父がそれを発見して、誰の仕業だ?ということで大騒ぎに。息子はなかなか白状しないのですが、服についていた泥が動かぬ証拠。

きっと、使命感に燃えてやり始めたことだと思うのですが、すくいあげてからそれを忘れてしまうところがやっぱり子供のすること。まあ、よく池に落ちなかったものです(深さ1メートルくらい)。彼が一体何を考えているのかよくわかりません。

 

色 - 1

 

去年〜この春に染め直しをお受けしたものも、徐々にお送りしています。

そういえば以前、カーキ色のワンピースの染め直しをお受けして、いつもと同じように染めてみたら、墨色になってしまい、びっくり仰天したことがありました。

きっと、日頃の洗濯にお使いになる水には鉄錆がはいっていたり、水道管が錆びたりしているのかもしれませんね、とお伝えしたのですが、聞けばその方のお家は新築なさったばかりだと、、、、うっかり余計なことを言ってしまいました。

前田雨城さんのこの本には、古代の染めについて詳しく書かれています。染めをなさっている方には、とても興味深いことでしょう。

ここには、同じ染料で染めたのに、京都と大阪で出た結果は似ても似つかない色であった、というお話も出ていていました。市水道の質が異なるためだそうです(京都の水は染めに適しているのはそのためだそう)。鉄だけでなく、含まれるものによって色が左右されるのですね。

カーキ色のワンピースが墨色になったのも、洗濯の水で日常的に媒染されていたからかな?と今頃になって思います。

 

藍染めチェックのカディコットンブラウス
藍染めチェックのカディコットンブラウス

 

だんだん蒸し暑くなってきましたね。そろそろカディの出番です。

進行中です

DM発送しました

昨日、松本展のご案内DMを発送しました。今週中にお届けとなると思います。

今回は、私の都合で開催時間が変則的となっています。初日はお昼の12時からのオープンです。勝手を申し訳ありませんが、どうぞお気をつけていらしてくださいませ。

今回も、グレインノートへ4日間通うのを楽しみにしています!

 

晴れ間

長雨のあとのよいお天気、今日も頑張って染めの仕上げをしていました。日陰干しでも、お日様と風のおかげで久しぶりによく乾く1日でした。

 

大判リネンストール 乾燥中
大判リネンストール 乾燥中

 

朝晩ずいぶん涼しくなりましたが、琉球藍も頑張って働いています。

琉球藍を草木灰と甜菜糖だけで建てたので、瓶の蓋を開けると、発酵食品のような甘い香りがします。夫はこのにおいが苦手のようですが、ハイドロを使う化学建ての藍なんて、薬品のいやなにおいがするんですよ。

発酵建ての藍は、藍そのもののよい香りだと私は思います。スーハースーハーしすぎのせいか、休憩時にタオルで顔を拭くと、タオルが青くなるありさまです。

 

草木染め いろいろな段階の染め
いろいろな段階の染め まだまだ染め重ねていきます

 

日本の小学校

この春から、近所の小学校に体験入学している息子ですが、冬まで通いたいとの本人の希望で、予定より長めに長野にいることにしました。

今年は合わせて約4ヶ月間通いましたが、話し言葉の上達の早いこと。家庭での会話も日本語で話すことが多くなり、本も読んだり、苦手だった状況説明もできるようになりました。子供の吸収力に驚いています。

 

それにしても、改めて思うのですが、日本の基礎教育のレベルは高いですねぇ。しかも、公立小学校ならどこへいっても同じ程度の教育が無料で受けられることを考えると、なかなかこんな国はないと思います。校舎も校庭も広いし、大きな体育館だってプールだってあるし(ペナンで行っていた学校にはプールがなかったのです)、、まあ、授業の様子を見るとカオス状態ですけれど。

インターナショナルスクールも様々だと思いますが、教育レベルや施設の充実度を考えると、玉石混合という言葉が頭に浮かびます(私の知る限りでは、ですけれど)。

 

そういえば先日は、北米出身のAET(英語指導助手)が息子のクラスを訪れたとのこと。授業は英語で行われ、息子に「君はどこから来たの?」とAETから質問があったそうで、なんと答えたかと思えば「Japan」と返したそうです。きっと違う答えを予想して質問したんでしょうけどね〜。

 

虫の研究
虫の研究に余念がない人