松本民芸館へ

秋晴れの昨日。久しぶりに松本民芸館へ行ってきました。

松本市のウェブサイトで調べてから行ったのですが、「くらしに生きる ざるかごと布」展が開かれているのことを知ったのは、松本へ着いてから(サイトには記されておらず)。あぁ、なんという偶然。ラッキーでした。

中町のちきりや工芸店の故・丸山太郎さんが蒐集なさった、かござる類600点の中からの展示だそうです。600点というのもすごい数。どのように保存されているかも気になります(松本は湿気が少ないけれど大変でしょう)。

展示の様子。下は世界のかご。一番右の3つ重ねかごは中国のもの。ペナンの中華系のお屋敷で見たことのあるものにそっくりです(そこでは、重箱のように食べ物を入れるものだと聞きました)。

台湾のものいれ。

こちらは北信濃の根曲がり竹あらめかご(戸隠あたりでしょうか?)。飴色とはこのことですね。

松本の竹行李(すず竹)。現在は松本にて、このみすず細工復活の研究が進んでいます。頑張っていただきたいものです!

りっぱな梁としっくい壁の内部。暮らしている家のように、布や民芸品、家具などがあちこちに飾られています(写真下)。

右にあるのは、マス目がきっちり美しい「ねこだ」。高山のものです。ねこだ=背負い袋。バックパックのようなものでしょうか(写真下)。

いつもの連れもいない上に、館内ほぼ貸切状態。ゆっくり見ることができました。入り口では写真を撮っていいですよと言ってくださったので、思う存分撮り放題。いい資料ができました(なんの資料ですかね?)。

なんの名前もない人たちが作ったかござるの数々。でも、職人の誇りにおいてきっちり作られている、美しいものたち。

このコレクションを見てしまうと、自分も使ってみようという気が起きてきますよね。つくられた本来の目的ではなく、用途は変えたとしても、毎日の生活で使えるように工夫できるとよいですね。

帰りには指田さんのお顔を拝みにグレインノートへ寄り、来年の展示のお話もしてきました。もしかしたら、来年は秋にグレインノートで展示できるかな?と考えているところです(体調と相談です)。

通り道、中町と平行に走る縄手通りにて。店先に干し鱈がぶら下がっていました。おいしそうな看板です(飲み屋さんのようでした)。

帰りがけ、ちきりや工芸店へ寄って食器を選んできました。

この11年の間に、途方もない数の食器を私と夫で割っています(夫が9割)。ティーポットたちもご飯茶碗やガラスのカップの数々、、、あぁ、思い出すと悲しくなるので、もう数えないことにします。

そんな訳で、あきらめて近年はイッタラを使っていました(←落としても割れにくいという理由で)。

でもご飯などの和食は、やっぱりざっくりした土の食器で食べたいのです。ということで、再挑戦。いつまでもつかなぁ、このご飯茶碗。

漆器も木工も草木染めの服でも、手仕事のものはきっとなんでもそうですが、お手入れに失敗しながら、自分も使い上手になっていくものなのかもしれません。素材もよくて上手に出来ているものは愛着もわきますし、使っていて経年変化があるほうが面白いですもんねぇ。

よいお天気のおかげで、行き帰りの電車からの紅葉の眺めも最高。のんびりローカル線に乗ったので、本も二冊読めました(老眼鏡も最高です!)。言うことなしの松本行きでした。

一日の出来事が、いいものを作ろうという気持ちにまた強くつながっていきそうです。

このかご展は来年の2月25日まで開かれているそうです。

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

クラフトフェアまつもと ありがとうございました

週末のクラフトフェアまつもとが無事に終了しました。

お寄りくださったみなさま、お買いくださったみなさま、どうもありがとうございました!

お会いしたかったみなさまに思いが通じたのか、松本にお住まいの方々はじめ、以前のクラフトフェアやオンラインでお買いくださった方々、メールやSNSでやりとりをしていたみなさまにも実際にお会いできました。足を運んでくださって、どうもありがとうございました!インターネットでやりとりのできる便利な時代になりましたが、じかにお会いするというのはやっぱりいいものですよね。2日間、感激の連続でした。

初日の(2日目も)準備に手間取ってしまい、見に来てくださったみなさまをブースの前で長々とお待たせしてしまいました。辛抱強く見守っていただき感謝いたします。

 

日中はブースをまわる余裕もなかったのですが、小河幸代さんの織りだけは見逃すまいと伺ってきました。繊細な色づかいと異なる素材の組み合わせ、相変わらず優しく表情豊かな作品を生み出していらっしゃる小河さん。まっさらの素材を完全にご自分のものにしてしまう術は、まるで魔法のよう。これが作り手の個性というものなのですね。いつもすごいなあ、と思います。

池上邸で開かれていた大曽根俊輔さんの展示、「kuranimal」も最高でした。乾漆と呼ばれる、仏像などの彫像制作の技法で作られたマナティやジュゴン、コウモリなどの動物モービルたち。大きな乾漆カバが、澄んだ水のながれる水路にいる様子に、ちいさな子供たちも大喜びしていました。

 

松本滞在中には、ちきりやさんにて岩手の腰籠を、いつも通りかかるけれど入ったことのなかった古本屋さんで、染織シリーズの「正藍染」という本を見つけて買ってきました。この腰籠をさげて、きのこ採りでも行ってみたいです(きのこ嫌いの息子が聞いたら悲鳴をあげそう)。

長野の家に帰ってきて、並木のヒマラヤ杉から落ちてきた針葉がたくさん入った荷物のケースを開けると、今年も無事にクラフトフェアが終わったなぁ、という気持ちがこみ上げてきます。

荷を開けて、2日のあいだ風に吹き上げられたホコリや針葉のついた服や布類を出して、洗い乾かしているところです。

クラフトフェアで売ってお買い物をしてハイ終わり、というのではなく、ここでの出会いがみなさまの生活や心の糧になったり、人と人とをつなぐきっかけとなり、今後も作り手の製作のヒントを得られるイベントであり続けてくれることを強く願っています。

クラフトフェアまつもと 出展場所について

クラフトフェアまつもと、出展場所が今朝決まりました。

B1エリアの、北の森食堂入り口近くです。

あがたの森公園の正門から入って、ヒマラヤ杉の並木通り沿いに東方向へ直進していくと、左手に北の森食堂の青い看板があります。その看板から、東に2つ目のブースです。

お気をつけておでかけください!

 

クラフトフェアまつもと 

明日と明後日に開かれるクラフトフェアまつもとに出展します。

出展場所は明日の朝に決まるので、今ここではお伝えできないのですが、おいでになるみなさま、どうぞ私のブースも探してくださいね。

クラフトフェアまつもと2017

5月27日(土)11:00-17:00
5月28日(日) 9:00-17:00
雨天決行

あがたの森公園
長野県松本市県(あがた)3-2102-4

松本に到着直前まで降っていた雨。着いたとたんにピカピカに晴れてきました。
明日はこのままよいお天気でありますように、、、!

同じく中町、グレインノートのはす向かいにあるミドリ薬局。
グレインノート二階では、こどもの椅子展が開かれていました。小さいけれど50脚の椅子、見応えがありました。
中町を上からみる。やっぱり蔵のまちというだけありますね。

どうもありがとうございました

松本展 終了しました

 

グレインノートでの展示が、無事に終わりました。おいでくださったみなさま、どうもありがとうございました。1年ぶりの松本展で、久しぶりにみなさまのお顔を拝めましたし、ゆっくりお話もできて、おかげさまでとても楽しい展示でした。

3日間とも残暑厳しく、ぐんぐん気温が上がりました。2階にあるグレインノートのギャラリーは風通しもよく(私としては)過ごしやすかったのですが、外は結構な暑さ。秋冬もの衣類など、手に取るのも暑苦しいほどだったと思います。そんな中、足を運んでくださってほんとうに感謝しております。

松本へは、電車で片道1時間ちょっとかけて毎日通いました。「うちに泊まっていけばいいのに」といつも言ってくださるAさん。なんと親切な。でも、電車の中での貴重な読書時間を満喫し、窓から山や田んぼの緑を眺めるのも新鮮で、あっという間に時間が過ぎていきました。

グレインノートの指田さんには、今回もお世話になりました。初めてグレインノートで展示した春、息子はまだ2歳。夫がベビーカーに息子を乗せて街中を連れ回し、時間を潰してくれたことを、指田さんと一緒に思い出して懐かしくなりました。

次回の松本での展示日程は未定ですが、決まり次第またお知らせしますね。今回もどうもありがとうございました。

 

かご

2016-9-6 - 1

 

何年か前に、グレインノートの展示を抜け出して、柏善上原善平商店で買った市場かごが右。少し色が濃くなっています。

今回、「中町通りのお店に、岩手のすず竹のかごがありますよ」とYさんに教えていただいて手にいれたかごが左。

よくよく見たら、サイズは違えど、編み目も藤で巻いた口もそっくりではありませんか。こうして並べるまで、そのことに気がつきませんでした、、。

先月、戸隠で根竹のかごを買ったとき、「これは一生使えますよ」とお店の方に言われました。衣類は磨耗するので消耗品に近いのだとはわかっているものの、そんな風に着られる服を作ってみたい、と最近よく思います。