製作ノート「草木染め」 / All-Natural Dyestuffs Used

マンゴスチン mangosteen dye 染め

■草木染め All-Natural Dyestuffs Used

服に仕立ててから、1枚1枚手染めをしています。

天然染料(いわゆる草木染めに使う植物性のもの、動物性のもの)を使用し、何度も染め重ねて色を出しています。柔らかくくすんだ深い色合いは、天然染料ならではのものです。All our clothes are hand dyed using natural dyes described in detail elsewhere on this web site.

■主に使っている天然染料

*藍に関しては、現在はすくも、琉球藍、自家製の泥藍 、インド藍などを使っています。

■草木染めの手順(藍や柿渋は行程が異なります)Dyeing process

1) 細かく砕いた材料を、鍋にいれます。水で満たし火にかけ、30分ほど煎じます。水を換え同じ事を数回くりかえし、できた液を染料液とします。写真は蘇芳。The natural materials used as dyes (plant leaves, tree bark and galls, insect shells, . . . ) are crushed or cut up when dry into small pieces, placed in a pot and boiled in water for 30 minutes. The water is then strained to remove the dye extract. This process is repeated several times, until all the dye is extracted from the original material.
コットンリネンガーセのブラウス のり抜き後、洗いをかけたところ
コットンリネンガーセのブラウス のり抜き後、洗いをかけたところ

 

2) 火にかけながら、染めるものを入れて煮ます。30分ほど。濃さをみながら時間を調節します。
2) 火にかけながら、染めるものを入れて煮ます。30分ほど。濃さをみながら時間を調節します。3) 流水で洗い、余分な染料を落とします。

 

 

 

 

 

4) 媒染液にひたして、染料を定着させます。Then, the clothing is removed and placed into a mordant bath for 30 minutes.
4) 媒染液にひたして、染料を定着させます。Then, the clothing is removed and placed into a mordant bath for 30 minutes.

 

 

5、3→4の工程を繰り返して、濃く染め重ねます。
5) 3→4の工程を何度も繰り返して、濃く染め重ねます。

 

 

 

■媒染について About mordant

草木染めであっても、媒染剤の中には人体に有害であるものも存在します。

製作には、錆びた釘と木酢や食酢から作った自家製の鉄媒染液、漬物などに使う食用みょうばんを水に溶かしたアルミ液の二種類を使っています。どちらも安全です。

© 2013 tamami watanabe  このサイト上全ての記事(写真、文章)の無断転載を禁じます。All text and photos on this website are protected by copyright. It is unlawful to copy or otherwise use them without the express permission of the author or photographer.

blog_16th June

オンラインストアのご利用、どうもありがとうございます。

到着のご連絡メールも沢山いただいています。ありがとうございます。そして、よくいただくコメントは、「写真よりも実物の方がずっときれいな色」です(単に私の写真がマズイからでしょうか??)。これを反省して、次回より、きれいな写真の載せられるショッピングページへ変更する準備をしています。

染め重ねが終わったらアップしたいものもあります。6月下旬までにはなんとか仕上げたいと予定しています。

Thanks to my many customers for using my online store. Thanks, too, for the many emails I have received thanking me for quickly shipping your purchases. Many have remarked that the colors of the garments they receive are much more vivid and richer than as they appeared on their computer screens.

I want to change the online store platform I now use to one that will more faithfully display colors of the garments. I will soon update store offerings, too, adding some things, after I complete my next round of dyeing, so please wait for this.

 

リネンのピンタックブラウス 5月のグレインノート展にて
リネンのピンタックブラウス 5月のグレインノート展にて

 

随分あたたかくなりました。

家の裏の田んぼの田植えも終わり、それ以来、鴨のカップルを度々みかけます。春には蝶々や毛虫とりに夢中になっていた息子も、今では植物の種まきやトカゲ取りに夢中。そのうち裏の田んぼでおたまじゃくしを取り、裏山でカブトムシ、蟹、ザリガニ取り、秋にはとんぼ取りなんだろうなあ、、、と、息子の虫遍歴から四季の移り変わりが感じられます。

ペナンにいた時には、安心して外で遊ばせられる場所もなく、そのストレスのせいか、どもりがでてきていた息子。年中同じ気候で過ごすのは、単調な毎日でもありました。今ではずいぶん上手に日本語を話せる様になりました。あと何ヶ月のあいだ日本にいられるのか、一番気にしているのも息子です。

My son is enjoying the seasons as they change in Japan, compared with the seasons in Penang, Malaysia, where changes were more subtle.

His interests have changed too, moving from “indoor” diversions such as playing with Legos and watching videos in Penang to exploring the outdoors and all that it has to offer a young boy here. He is looking forward to: the emergence from underground of stag horn beetles soon, and to catching and studying beetles and other insects of all sorts; catching “kanahebi” (a kind of small lizard); and as autumn approaches to catching dragonflies, crayfish,…

The paddy across the narrow street from our house is a world all unto itself, a home to freshwater snails, “amembo” (a kind of pond skater), frogs (and the snakes which feed on them), tadpoles, leeches,…to swallows flying just above the water’s surface, especially as rain approaches, magpies, and even a pair of visiting ducks.

 

家の裏の田んぼ 鴨がいます
家の裏の田んぼ 奥の方に鴨がいます

 

blog_16th May

初夏のグレインノート展も、残すところあと一日の展示となりました。これまでおいで下さったみなさま、どうもありがとうございました!

じつは先週息子に風邪をうつされ、展示の2日目の朝には夫と揃って内科を受診したところ。グレインノートでも、来て下さったみなさまと座ったままお話をしたり、、などと、横着していてすみません。指田さん(グレインノート店主で木工家)の椅子の座り心地が良いので、座ったら最後、もう立ち上がれません、、と言い訳してみたりして。

最終日の明日(日曜日)は、15時まで開いています。おでかけ下さい。

 

グレインノートにて
グレインノートにて

 

さて、今頃になりましたが、今シーズン作ったもののご紹介を。
下の写真は、新しいブラウスその一。

リネンのダブルガーゼを見頃にギャザーたっぷりと使い、平織りのリネン生地を襟ぐりに使いました。リネンガーゼははっきりした色に染め上がるので、染めていて楽しい素材です。

これはリネンのパンツやジーンズに合いそうなので、私も一枚ほしいなぁ、、。

 

リネンガーゼのブラウス Linen gauze blouse
リネンガーゼのブラウス Linen gauze blouse

 

リネンガーゼのブラウス 色のバリエーションはこんな感じです Linen gauze blouse in various colours
上のリネンガーゼのブラウス 色のバリエーションはこんな感じです Linen gauze blouses in other colors

blog_8th May

少しずつ染め重ね、仕上がるときは一気に仕上がります。

今回のグリーンは、ザクロと山梔子をベースに染めたのですが、おもしろがって染め重ねを続けていたら、今日仕上がったものが結構な数となっていました。自分ではグリーンを着ないというのに(こんな色も着てみたいけれど)!

 

5月8日
8th May, 2015

 

5月8日a
8th May, 2015

 

松本での展示DMですが、昨日発送しましたので、そろそろお手元にお届けとなると思います。

が、東京展の方を宛名印刷しはじめたところで、いきなりブチッという音と共にプリンターの電源が切れてしまい、なだめても怒っても、もうウンともスンともいいません。ショック!!

今回の宛名は手書きかなぁ、、。

 

わらび菜 茹でておひたしに きれいな色です
わらび菜 茹でておひたしに きれいな色です

 

グリーンついでに、もう一枚。

春先にはいろいろな菜の花を楽しみましたが、そんな時期もそろそろ終わり。もう初夏ですね。

blog_27th February

indochinaブラウス

今年から始めることにした、indochina のためのデザインとパターン作りをすすめています。

この一枚は、ストンをした形のブラウスがほしくて作ったもの。来月、タイで素材を探す予定です。インドの工房にも布をお願いしてあるので、デザインに合うようだったらそちらを使っても。

ペナンはここのところ毎日よく晴れて、雨も降らないのでカラカラです。赤道の近くなので、昼と夜の長さは変わらないのですが、太陽がどんどん高くなっています。(調べてみたら、赤道近くでは、秋分と春分の時に太陽が頭の真上にくるとのこと)。

外に出る時は、白い薄手リネンの長袖ブラウス。日除けになるし、涼しさは格別です。

As noted in a previous post, this year I am introducing a second line of clothing under my “indochina” label. I have been working under my present label for six years, and wanted to broaden my collection with a second line of clothing made from hand-spun, hand-woven, and hand-dyed fabric that I would source from India and Southeast Asia.

I am busy now designing clothes for this new label and hope to offer a few items this spring at my shows or through my online shop. The photo in today’s blog entry shows one sample blouse I have made.