リネン生地

あと、ほんの少しだけオンラインストアへアップしたいものがあります。このブログでお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

 

それからお知らせです。来月7月4日から9日までは勉強のため留守にしますので、その間は発送作業をお休みさせていただきます。6月末にご注文いただいた場合、お振り込み確認の関係で発送が遅くなる可能性もあります。どうぞご了承くださいますようお願いいたします。

 

夏椿
アトリエの前の夏椿 そろそろ咲き始めました

 

今年の秋物用の布はもう用意してあるので(秋冬物はあまり作らない予定なのですが)、ここのところは来年用の生地を探していました。今回もとてもいい布が手にはいって、ホクホクです。

いつも上質のリネンを分けていただく機屋さんからは、ゆうパックで生地が届きます。

配達の時には、決まった女性の郵便局員さんが、軽々と反を持ち上げて「はいっっ」と手渡してくれるのですが、いつも予想外のズッシリとした重量に、受け取るたび驚きます。私も力がないほうではありません。郵便局員さん、自宅で筋トレでもしているのではないでしょうか?

そして、その反をよっこら担ぎながら「一体これだけの重さの布、誰が染めるんだろう〜?」と自分で疑問に思いながらアトリエへ運び込みます。

今季はあちらもこちらも手をつけすぎて、染めの収拾がつかなくなったので、来年は少しおとなしくしようかな、、と思うことも(来年になればそんなこと忘れていると思いますが)。

 

紫陽花

 

昨日、息子が学校から帰ってきて、おもむろにニセ一億千札を作り、「これヤバイよ!」といいながら私に見せるのです。「ヤバイって、、?」と繰り返しながら、ふと思い出したのは、しばらく前に新聞に載っていた話。

愛犬(たしか小型犬)の散歩をしていた女性、そこに若い女の子達がすれ違って「この犬ヤバイ〜」と言っていたのを聞き、犬が病気ではないのかと心配になった、というような話でした(うろ覚え)。

まさか「ヤバイ」=かっこいい、かわいい、という意味になっているなんて、私も知りませんでした。そして、息子がそんな意味で言葉を使うようになるとは。学校で覚えてきたに決まっています。

日本語に馴染んでいるのを喜ぶべきなのでしょう。そんな言葉も(私もですが)夫にとってはチンプンカンプンのようです。

 

アップのお知らせ

まとまった雨が降るようになりました。夫が面倒をみてくれている藍もすっかり根付いたようで、あとは雨でこの大きくなるのを待つばかり。

今日は21時に、オンラインストアへいくつかアップする予定です。ドローストリングブラウスの写真と新しい色も足しました。ご覧くだされば嬉しいです。

 

紫陽花 - 1 (2)

 

昨日はアトリエで仕事をしている時、少ししか開いていない窓の隙間から、またスズメバチが入ってきました。窓を全開にしても中でブンブン飛んでいて、出ていく気配もありません。

父が買っておいてくれたスズメバチ撃退スプレーを夫に持たせ、梁にとまっていたハチにシューっと一撃やってもらいました。消火器のような勢いでスプレーがスズメバチに当たり、フラフラと落ちてきたところで私は一目散に撤退。

夫が「落ちてきたのは見たけど、その後はどこに行ったかわからない」と。それって、どこに隠れているかわからないってこと!?スズメバチは死んでいても刺されることがあるんです。これなら蛇と共存したほうがまだマシです。

やっぱり、アトリエの窓には網戸をつけなければならない時期が来たようです。

最近は蛇だのスズメバチだの、大騒ぎしていてすみません。ご心配くださったみなさま、どうもありがとうございます。蛇のほうはもう心配なさそうです(あれからずっと、おとなしく土間の奥で寝ているだけかもしれませんが、、)。

 

紫陽花 - 1

 

下は、おばからもらった、ハックルベリーのジャム。

ジュリアス・シーザーのマントのような紫に、瓶から白いお皿へ出すたびにうっとりしています。シーザーのマントは貝で染められていましたが、確かベリー系はアントシアン色素。それほど濃い色には染まらないだろうなぁ、、。

ハックルベリーといえば、「ハックルベリー・フィンの冒険」しか思いつかなかったのですが、調べたところ、ブルーべリーのようなベリーであることがわかりました。葉っぱがブルーベリーやどうだんつつじによく似ています。このベリー、熊の大好物だそうなのですが、このジャムを食べて熊の気持ちがわかりました(おいしい)。

ハックルベリー
ハックルベリーのジャム

オンラインストア 準備中です

オンラインストアに載せるための写真撮影がなかなか終わりません。

ワンピースとパンツは、オープンしてすこし後のアップになりそうです。染め重ねしているものも全部仕上がっていないので、こちらも徐々にアップしていきます。すみません!

 

カディコットンシルクのブラウス Khadi cotton silk blouse
カディコットンシルクのふわふわトロトロブラウス Khadi cotton silk blouse パンツはリネン

 

今年は腕付きのマネキンを手に入れたので、これに着せつけて撮影しています。リアルな指もあるのでちょっと気持ちが悪い。夜のアトリエでこんなのが暗闇にぬぼーっと立っていたら怖いので、夕方以降はあちらへ行かないようにしています。

普段かんがえもしないのですが、人間の体のというのはよくできていますね。この自由自在な関節の動きはマネキンには真似できないので、着せつけるたびに腕を一本取っています。

撮影中に夫が来て、「ジェーンの調子はどう?」と。勝手に名前をつけています(←でも昨日はアリスと呼んでいたじゃない?)。いくら動物好きだからって、マネキンに名前を付けて愛でる趣味は私はございません。でも、「ちょっとここ上げてー」と、話しかけている自分に気づきました。

ともあれ、腕が短くて怒り肩の私よりもずいぶん着映えがするので、助かっています。肉付きが足りないので、たまにまた私が登場することもありますが、ご勘弁くださいませ。

 

撮影中 三脚をつかいます
撮影風景 こんな風に三脚もつかいます

 

 

屋根にのって撮ってみたバラ。もうそろそろおしまいです。
屋根にのって撮ってみたバラ。もうそろそろおしまいです。

 

 

オンラインストアオープンについて

今朝はちょうど曇っていたので、これはチャンス!と思い、育てていた藍の苗を畑に定植しはじめました。

しかし植え始めると、とたんに太陽がでてきてギラギラ照りつけます。夕方まで待てばよかった。

直播きした方と移植した方を比べると、やはり前者が健康そうです。来年は直播きオンリーにします。カンカン照りの時に移植して悪かった、とりあえずなんでもいいから育っておくれ。まるで、勉強ができなくてもいいから、健康で育って欲しいと願う母親の気持ちです。

 

そういえば先月、図書館の本をくっていた時、面白い記述をみつけました。

ヨーロッパでかつて栽培されていた大青(ウォード。アブラナ科の藍草)から、効率的に藍を取り出す方法を、ナポレオン1世が懸賞をかけて募集した。にもかかわらず、インド藍に押されて、結局はウォードは発酵材料にとどまるのみだった、とのこと。インド藍に新鮮な藍葉を加えれば発酵するのか、藍が育った頃に試してみたいところです。

 

オールドローズ
ちょうどばらが咲き始めました。空中から見ないと、全体図がつかめません。

 

さて、初夏のオンラインストアですが、6月1日の21時から一ヶ月間オープンすることに決めました。まだ写真もアップしていませんが、時間がきたらご覧いただけるよう、徐々に準備していきます。もうしばらくお待ちください。

 

いちご
毎日すこしずつとれるいちご。今の時期は味も濃く、虫の害もなくて嬉しい。

 

藍染もすこしずつ染め重ねています。

スズメバチの襲来に困って、罠を仕掛けたところ、早速一匹捕まりました。そして、その後は嘘のようにスズメバチが来なくなりました。ひょっとして、一日に何度も何度も頭の上にブンブン飛んで来たのは、私がやっつけた二匹のうちの一匹だったということでしょう?てっきり、今年は20匹くらいこの近くにいるのだとばかり思っていました。

これで安心して藍染が続けられます。

 

散歩
散歩の途中で

自由学園明日館展 無事に終了しました

明日館4 - 1

 

自由学園明日館での展示が、無事に終了いたしました。おいでくださったみなさま、改めてどうもありがとうございました。

明日館の魅力が大きいのだと思いますが、時間の流れ方がゆったりとしていて、とてもよい展示でした。おいでくださった皆さまには時間をかけてご覧いただけ、お一人お一人お話しをすることもできました(できなかったこともありましたが、、すみません!)。

以前にお買いくださった私の服を着てお見えになる方々も多くいらっしゃいました。素材や染めが、いい風合いに育っているのを見ることができて、家を出て行った子供に再会したような、嬉しい2日間でもありました。

先月のfog展にも来てくださったIさん、今回も来てくださったのですが、Rm1925(明日間の展示の部屋)に入って見えたときに、「あっ、素敵なブラウスを着ていらっしゃる」と思っていたのです。が、お話しを聞いたら、fog展で買っていただいたシルクコットンのカディブラウスだったのでした、、、。Iさん、失礼致しました。でも、そのカディもすっかりIさんに馴染んでいて、見違えてしまったのです(と、言い訳)。

 

明日館3 - 2

 

2日目はすっきり晴れて気温も上がり、1日目とはまったく正反対のお天気。土砂降りでもピッカリ晴れていても、やはり明日館は美しい建物だなぁ、と思います。

明日館のスタッフ、藤岡さんはじめ、みなさまにも大変お世話になりました。藤岡さん、菅原さん、いつぞやの藍染のブラウスを着て来てくださり、ありがとうございました。明日館の工芸研究所では、色の配色のきれいなエプロンなども購入できて(エプロン購入が明日館展での恒例)、私も大満足です。

 

明日館2 - 1

 

明日館2 - 1 (1)

 

昨日は夜の10時過ぎに自宅に着きました。

そぉ〜っとぬき足さし足で家に入ったのに、夫が起きてきてしまいました。そこから、私のいない間の夫の苦労話が始まります。息子の学校の件で毎日大変だったようです。おまけに、音楽の時間につかうリコーダーを探して、家中あちこちひっくり返したそう(←結局、学校に置いてあったらしい)。半分ねぼけまなこで聞いていれば、気がつくと真夜中過ぎ。酔っ払って遅くに帰ってきて、妻の愚痴を聞かされる人の気持ちが少しわかりました(私は酔っ払っていませんよ)。

また明日から藍染に戻ります。