チャイナタウンとリトルインディアへ

日本からいらっしゃっているYさんと旦那さまにお会いするために、チャイナタウンへ。

いつものお店で貝ボタンを買い足し、漢方薬局に寄ってから、待ち合わせ場所のリトルインディアへ向かいます。チャイナタウンの外れにあり、店番をしている人の顔ぶれがかわってくるのが(要するにインド系の人が多くなってくる)リトルインディアとの境。いつ行っても面白いエリアです。

そういえば、リトルインディアには猫がうようよしています。それは、とあるげっ歯類を捕まえるためでは?といつも思うのですが、げっ歯類の苦手なYさんには内緒にしています。

私のブログで見てくださって、行きたいと思っていらしたという、いつものインドレストランへ。私より早くにお店を発見なさったYさんに驚きました。そして、お二人とも十数年タイに通っていらっしゃるだけあって、そのくらいの辛いものもへっちゃら(チャイナタウンの中もよくご存知)。いやー、ペナンの南インド料理レストランの数々にお連れしたいと思いました。YさんとTさん、楽しい時間と上等なお土産もたくさんありがとうございました!

息子はタイ料理が苦手ですが、インド料理は大好き。

 

インドレストランでYさんたちとお話をしていて、自分の口からうまく言葉がでてこないことに愕然としました。せっかくのYさんの楽しいお話なのに、対応する私の日本語会話レベルが低すぎます。毎日の話し相手が11歳の子供しかいないため、退化したのでしょう。母国語でも、漢字を書かないでいると書けなくなりますものね。息子の日本語の語彙が少ないなぁ、と最近気づいたのですが、私があえて難しい言葉を使わないためでは?あぁ、これから毎日大人の言葉で息子と話をしよう、と思ったのでした。

インドのお菓子。Yさんの分と持ち帰りにしてもらいました。ココナツボール、バーフィ、ラドゥなど。

 

Yさんたちを見送っている間に、夫はバックパックいっぱいに豆とナッツを買っていました。どちらも重い。(次回はチャパティを作るためのチャクラという道具を買おうと考えているらしい。)

 

横着して使っていた、カルダモンの効いたチャイミックスがちょうど終了。ちょどこの機会にと思って、お茶を売っているお店へ寄りましたが、残念ながら品切れ。

代わりに、別のインドおじさんのお店へ。店というよりも、壁の隙間に物を山積みにした前に、おじさんが立っているだけの場所です。おじさんは頭にターバンをしていて、なんとなく英語がわかります。

私が「カルダモン・ティー下さい」というと、「何?カルダモン?スティックでいいかね?」とおじさん。チャイミックスがスティック状の袋に入っているものかな?と思い、「いいですよ」と返事をする私。

店の裏に回って若い者に何かいいつけたかと思うと、おじさんが握りしめて戻ってきたのは、長さ60センチくらいのシナモンスティック一本。「いや、それじゃあなくて、、、、」と、心のなかで思いつつ、大げさにお茶を飲む動作をしてようやく通じました。今度はおいしそうなチャイミックスを持ってきてくれました。

きっと、マサラティーとかチャイといえばよかったのです。あの長いシナモンをそのまま買ってきて、紅茶にいれてもおいしいですけどね。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

リトル・インディアにて

よいお年を!

 

年末だというのに、バンコクはそんな雰囲気ゼロです。家族連れの外国人をよく見かけるので、ああ、そういえばクリスマス休暇?というくらい。おせちもないし、なんだかあっけない年越しになりそうです。

さてみなさま、大掃除に買い出しに年賀状書きに、きっとお忙しい年末をおすごしのことと思います。今年も一年おつきあいくださり、どうもありがとうございました。よいお年をお迎えくださいね。来年もみなさまがご健康でお幸せな一年でありますよう、お祈りいたします!

 

・・・・

人台

 

日本から送ってもらった人台を、昨日は大急ぎで受け取りに行ってきました。

郊外にあるEMSセンターまでタクシーで向かい、パスポートのコピーを提出してから、番号を呼ばれるまで待機。柵で仕切ってある検査室は、ものものしい雰囲気でした。

申告物や送付方法によって関税率が決められているようで、ここで検査官は私の人台をチェックして関税率を調べ、計算で提示された額を払って、ようやく人台を受け取ることができました。

日本でインドのカディコットンを受け取った時、この何十倍もの関税を払ったのです。同じことが起きずによかった。胸をなでおろしました。

そういえば、箱から出された誰かのフライパンをゴンゴン叩いてチェックしている検査官もいました。EMSで送られたもの、または怪しいものはこのセンターに集められ、受取人が出向かないとならないようですね。

人台なんて送る人がほかにもいるのかな?国によって制度がちがうでしょうが、個人の荷物ごときで中身の説明をしに行かけらばならないとは、、こんなのは初めてです。

 

・・・・・・・

リトルインディアにて

 

さて、今日は買い出しにリトルインディアまで行ってきました。

ペナンのリトルインディアに比べると、かなり小さな規模ですが、基本的なものは揃っています。お茶2種類とお茶請け、スパイスなどを買って、お昼ご飯にマサラ・ドーサとラドゥ(お菓子)を。タイ料理はおいしいけれど、たまには目先の変わったものを食べるのもいいものです。

布市場も見たかったのですが、今日のところはあきらめ。この後はとなりのチャイナタウンに向かいます。チャイナタウンはまた次回載せますね。

 

この通りに入ると、いきなりインド色になります。Little India in Bangkok
この通りに入ると、いきなりインド色になります。Little India in Bangkok

 

鮮やかなお菓子の色に見とれている人。ここのレストランでいつも食べます。Little India in Bangkok
鮮やかなお菓子の色に見とれている人。このレストランでいつも食べます。Little India, Bangkok

 

隣にシーク寺院があるためか、こちらは宗教関係物品を扱っています。お香もいろいろ。Little India in Bangkok
近くにシーク寺院があるためか、こちらは宗教関係物品を扱っています。お香もいろいろ。Little India, Bangkok

 

リトルインディアのど真ん中にある、中国寺。なぜでしょう?Chinese temple in Little India
リトルインディアのど真ん中にある、中国寺。なぜでしょう?Chinese temple in Little India, Bangkok

 

 

根っこを探して

漢方薬局にて

チャイナタウンを離れる前に、一度使ってみたかった染料を探しました。

10店ほどの漢方薬局で尋ね歩いてみたのですが、どこにもありません。手帳に書いた漢字を、お店の人に見せて聞くのですが、そんなのは知らんと首をかしげる人、「没有(ないね)」とぶっきらぼうな人、「その角を曲がってどこどこにあるお店に行ってごらん」と教えてくれる人、、、、対応も様々ですねぇ。

結局わかったのは、タイでは、その薬(染料)は葉っぱ部分を使うのだということ。これまた親切なお店のお姉さんが教えてくれました。が、私はその薬の根っこ(染料を含むのは根)がほしかったのです。

一口に漢方薬局と言っても、お店の人の知識も違えば、親切度もいろいろだなあと思った出来事でした。

 

bangkok chinatown yaowarat architecture
バンコク チャイナタウンにて 中国&ポルトガル風の建物

 

bangkok chinatown yaowarat architecture
これもチャイナタウンにて。こんな建物がたくさんあって、ペナンを思い出します。

 

リトルインディア

チャイナタウンの隅に、リトルインディアと呼ばれる小さな通りがあります。

先日、初めて行ってみました。ペナンのそれとは比べられないほどの小ささ。しかも静かなのが異様です、、。

あちらでよく食べていた、インドのお菓子もあちこちの店先に飾られていました。アーモンドやバター、ミルクをたっぷり使ったお菓子です。ペナンではみかけなかった、銀箔を飾りに使ったものも。北部の方が裕福だからでしょうか?

 

バンコク リトルインディアにて little india in bangkok
バンコク リトルインディアにて おいしいインドのお菓子

 

blog_16th March

ペナン最後の週は、荷造りや家の掃除であっという間に過ぎて行きました。時間はまだまだあると思っていても、時の過ぎるのは早いですね。

友達や知りあい、お世話になったお店の人たちにお別れを伝え、写真を撮ったりご馳走になったりしてきましたが、彼らにとっては私たちはただの通りすがりの人間なのかもしれません。

次回ペナンに住むことがあったら、ジョージタウンの中のリトルインディアに住んでみたいと思います。ペナンをペナンらしくしているのは、近隣各国からの移民や出稼ぎ人口の多さ。様々な宗教や食文化が小さな島に混在しているこんな場所は、きっと珍しいのでは、と思います。

 

Penang, Little India, cooking supplies shop リトルインディアで調理用具を探す
Penang, Little India, cooking supplies shop リトルインディアのいつものお店で調理用具を探す

 

Penang, Little India, cooking supplies shop 見送るおじさん。眼鏡が光っています。
Penang, Little India, cooking supplies shop 見送ってくれる(?)おじさん。暗闇で眼鏡が丸く光っている、、。

 

最後のロティ・チャナイ Last Rotti Chanai
最後のロティ・チャナイ Last Roti Chennai (Roti canai)  最近知りあいに教えてもらったお店では、これがパイのように層ができていて、とても上手に焼けています。もっと早く知っていれば、、、と後悔。

 

住んでいたアパートは、徹底的にきれいにしてから退去したかったので、掃除後に出発までの一晩を過ごす為に近所に宿をとりました。毎朝、アパートの台所から眺めていた高層ホテルです。

窓から外を見ると、住んでいたアパートが木々のなかに埋もれて見えます。こうして改めてみると、ペナンは緑が多いですね。

ペナンにはこれから雨期が来て、果物の実る時期。名残惜しいのですが、また何年後かに戻ってくればよいということで、今回はとりあえずさようならです。

Pulau Tikus area, Penang
Pulau Tikus area, Penang

今年の藍予定

barfi バーフィ インドのスウィーツ

ニュースレターのお申し込みをいただいています。ご登録どうもありがとうございます!全く申し込みがなかったらこれは寂しいなあ、、と思っていたのですが、沢山いただき嬉しい限りです。

お申し込み後に自動で確認メールが送られてきますので、そこにあるリンクをクリックしていただくと、本登録となります。ご面倒なのですが、間違い防止のためによろしくお願い致します!

 

さて、あと二週間と少しで帰国となりました。

自宅についたら早速染めに入れるように、それ以外の仕事をこちらですすめ、段取りをつけています。信州の天気予報を見ていたら、来週は随分晴れの日も多いようで、この調子なら日本各地の雪も融けそうですね。雪かきして除けた雪が、母の背丈よりも高く積もっているとのことで、私の家の前はきっと雪の捨て場にされているのでは?と想像しているのですが、留守なのだから仕方ありません。

おととし〜去年は、右手の腱鞘炎(ばね指)やぎっくり腰に悩まされたので、藍もすくも建て(藍葉を発酵させたものに、お酒、小麦ふすまを加えて発酵させて染める事です)はお休みし、インド藍などで染めてみましたが、今年は野望もあらたに、泥藍を発酵させる方法で染めてみたいと思います(泥藍は、生の葉から抽出した藍の色素から染める方法です)。

ペナンも一年中暖かいのだから、こちらに染場をつくりたいものです。染めに使う材料も手に入りやすいので、簡単に諦める訳には行きません。ということで、無い知恵を緒絞って、こちらに染場が作れないかどうか考えているところです。実現したら、全身青くなること間違い無しですね!

 

今日も懲りずにリトルインディアへ。このインドのミルクファッジがおいしいことを発見したので最近買っているのですが、種類が沢山ありすぎて名前を覚えられません。この下の画像も覚え書き。今度写真を持って行き、おじさんに名前を聞いてみるつもりです(「おじさん」なんて勝手に呼んでいますが、みんな私より若いと思います)。あれ?タイトルとサムネイル写真が全然合っていないですよねー。

 

IMG_7071
Indian sweets: milk fudge “barfi,” and “halwa” /インドのミルク・ファッジ「バーフィ」と「ハルワ」。