新しい眼鏡

二年前に作った眼鏡の度が合わなくなってきたので、作り直さなきゃ、、、と思ったのがこの夏。

先日、ようやく新しいのを注文してきました。

もより駅の空き店舗の目立つガラガラの商店街で、唯一お客さんが何人か入っていた眼鏡屋さん(全員店員さんだったりして←しかも家族経営の)。ちょっと前に、腕時計の電池を入れてもらうために寄って、色々質問してきたのですが、とても丁寧で感じがよかったのです。それで思い切ってここで作ってもらうことに。

今日取りに行きましたが、出来上がっていたのはズバリ老眼鏡。老眼鏡だということに、直前まで気がつきませんでした。

そういえば注文した時に、わたしが「最近ミシン目がみえないし、本の字も見えないので、眼鏡の上に拡大鏡を重ねて使っている」と話したのです。なので、手元用にしてもらったのは当たり前といえばそうなのですが、老眼鏡の必要な年になったのか、、と実感するのは少々衝撃です。

量販店やネットで、なんでも簡単に安くモノが手に入る時代になりました。でも、こうして専門知識のあるお店の人に相談しながら作ってもらうのは、アフターサービスや質問があった時のことを考えると安心ですし、なにより自分にぴったりなものを作ってもらえますね。大事に使おうという気持ちも出てきます。第一、わたしはガチャ目の乱視なので、どちらにしても作ってもらわないと合いませんが、、。

眼鏡屋さんに限らず、こんな個人商店がもっと残っていて欲しいものです(近くにおじいさんが店番をしている文具屋さんもあり、そちらもお気に入りです)。

↓今読んでいる本。老眼鏡があれば、字の小さなこの本もスーイスイです。(Yさんにいただいた藍染松阪木綿のしおりがはさまっていて、気分を盛り上げてくれます)。

 

作業テーブルの上にあるのは、3年前にタイのチェンマイで見つけた藍染布。横糸の染めぐあいが均一ではないため、かえっていい表情があります。

思い出してこれを引っ張り出してきて、ようやく来年のワイドパンツにすることに決め、今日裁断していたところです。

これを見つけたのは、ペナンから日本へ帰る途中、タイを経由した時でした。それまで毎日のエアコンペナン生活で体が冷えきっていたらしく、チェンマイ滞在中もギックリ腰に悩まされていたのでした。

運送屋さんに頼んでこれをバンコクまで送り、そこから日本へ持って帰ってきたところまでは覚えています。色が褪せないようにと厳重に布で巻いてアトリエで保管していたら、その存在をすっかり忘れていました(餌を隠したことを忘れているげっ歯類みたいです)。

 

そうそう、息子の飛行機の旅ですが、到着した日にあちらへ電話をして聞いてみたら、無事に切り抜けたとのこと。安心しました。

しばらくは息子の世話も焼かなくていいので、製作も家事もじゃんじゃんはかどっています!(トップにある赤いもみじの葉は、フィラデルフィアから持ちかえったシルバーメープルから落ちたものです。現地でも同じくらいの色になっているかなぁ)。

保存保存

保存保存

blog_21st March, Chiang Mai, Day 6

今日から藍染めの村で知られる、プレーという県に移動予定だったのですが、急きょ中止にして、チェンマイ滞在を延ばすことにしました。

息子が食あたり(上から下からとても派手に出して、、)の後の療養中、私もここのところ重い荷物を動かしたり運んだりで、腰を休めたかったのです。しばらく宿でじっとしていたのですが、今日は久しぶりに街へでました。

 

Chiang Mai チェンマイ2015
空気は相変わらず悪いのですが、まだ今日はましのよう。空がうっすら青く見えます。

 

chiang maiチェンマイ
One of many fabric shops around Chiang Mai’s Chinese market. This shop sells both fabric and ready-made articles. チェンマイのマーケット(チャイナタウン)には、完成品のほかに、素材を売るこんなお店があります。センスも様々です。ここは比較的趣味のいいお店。山岳民族出身の女性オーナーがデザインしています。

 

先ごろ藍染めの布を買ったお店とは別のところを物色していると、今度は濃い目に藍で染めた布を見つけました。藍のいい香りがします。聞いてみると、今日行くはずだったプレーから来ているとのこと。これはスカートにしたら良さそうなので、早速買ってきました。

このお店には、チェンマイ周辺で織られた、面白いかすり織の布もありました。タイ黒檀で染めた布も。プレーに行かれなかったのはとても残念ですが、こうしてプレーの藍染め布が手に入ったのですから、まずまずのチェンマイ滞在でした。

 

Chiangmaiチェンマイ20151
Chinese herb shop, Chiang Mai  漢方のお店。沢山の引き出しが左側の壁にあります。右手前にぶら下げてある大きな豆が、なんだか気になります。友達に以前連れて来てもらいましたが、目当ての五倍子はありませんでした。

 

Chiangmai チェンマイ 2015
Thapae Road, Chiang Mai, with sawngteau (red bus), a mode of public transportation with no defined routes. 今では少なくなってしまった、すばらしいタイ式の家。オーナーが修理する気もないのだそうです。来る度に気になりますが、ずっとこのまま。もったいない。手前の赤いトラックは「ソンテウ」という、乗り合いバス。

 

blog_18th March, Chiang Mai

タイの北部、チェンマイに来ています。

空気の悪さに驚いています。12年ほどまえから度々来ていますが、これほど悪いのは初めて。盆地の地形のため、焼き畑の煙やディーゼル車の排気ガスなどが、ここから外に出て行かないのが原因だそう。

調べてみたら、昨日の大気汚染の最高指数は、173という北京並みの悪さです。空気が白くなっているのが目で見えますし、歩いていると目がショボショボ。マスクはグレーに変色しています。このため、最寄りの空港では着陸出来ない飛行機があったとか。

 

チェンマイの街も随分変わりました。通りは観光客向けのスパとカフェと土産物屋(ガラクタ?)を売る店が連なっています。チェンマイに来ると食べに行っていた小さなお店が、いくつも消えていました。

昨日は私が市場へ行こうとしたら、友達が「すぐそこのスーパーマーケットで買えば安いよ」と教えてくれたので、行ってみるとそこはコンビニのファミリーマート。確かに個人商店より価格が少し安めになっています。こうして大手の外国資本が入って来て、個人商店は経営が立ち行かなくなるのは、どこも同じですね。

チェンマイも、どこにでもあるような、個性のないただの田舎町に変わりつつあるのかもしれません。

 

View from our hotel balcony. 宿のバルコニーにて。空が曇っているのではなくて、空気が悪くて霞んでいます。
View from our hotel balcony. AQI (Air Quality Index) was an unhealthy 173 yesterday. 宿のバルコニーにて。空が曇っているのではなくて、空気が悪くて霞んでいます。

 

いつも行く生地屋さんで、チェンマイの郊外の村で染めて織られたという、藍染めコットンを見つけました。友達に場所を聞くと、チェンマイから車で2時間くらいかかると言うこと。一度行ってみたいなあ、、。

以前この店で、イサーン(東北)から来た、濃いめの藍染めコットンロールを見つけて迷っていると、その次の日に売り切れてしまったので、今回は即買いです。ヘンプも薄手の新しい種類の布が入っていましたが、これは中国から来ているとのこと(買いませんでしたが)。

 

Indigo-dyed cotton fabric woven outside of Chiang mai. 持ち帰った藍染めコットン
Indigo-dyed cotton fabric woven outside of Chiang Mai. 持ち帰った藍染めコットン

 

タイ・チェンマイの染め工房を訪ねる(2010年12月の記録より)

Entrance to Studio Naenna textile museum, gallery and workshop/スタジオネンナ入口
ネンナ入り口
Entrance to Studio Naenna textile museum, gallery and workshop/スタジオネンナ入口

何年か前にタイのチェンマイで藍染め・手織りで布を作っている工房にお邪魔した時のブログを以前つかっていたブログに見つけ、このまま自然消滅させるのもなんですので、こちらへ持ってきてみました。

工房のオーナーはシンガポール生まれのイギリス人女性で、ラオスのテキスタイル研究家としてとても有名な方。ここチェンマイで手織りの存続運動を続けていらっしゃいます。安い中国の工業製品におされて、どんどんマーケットから手織りや藍染め布が消えていってしまっているこの頃、ここの工房の存在はとても貴重です。チェンマイは空気がとても悪くて行くのを避けていたのですが、この工房に行くだけでもまたチェンマイに足を運びたいと思ってしまうほどなのです。

nenna3
藍甕/Vats containing indigo.

 

藍のエサには日本ではふすま(小麦の外側)を炊いたり、日本酒を与えたりするのですが、ここではパイナップルジュースやタイウイスキーを使うと聞いて、おいしそうだなあ、、、と思ったのを覚えています。

藍染された糸。洗って織るそうです。Indigo-dyed yarn.
藍染された糸。洗って織るそうです。Indigo-dyed yarn.

 

nenna6

分けていただいた手織り布の色々 Hand-woven fabric from Studio Naenna この時は、一度訪ねてもまだ足らず、翌月また訪ねたのでした。キッド織り、コード織り、イカットなど、少しずつ分けていただきました(写真はボケていますが、、)。

nenna4
織り機などが外に。Traditional Thai spinning and weaving apparatus.

外で上のような木製の糸巻き器でのんびり作業をする女性もいましたが、写真を撮るのが恥ずかしくて撮りそびれてきました。(この頃はそんなことも出来なかったのです、、)。