バンコクでの冬越しはじまり

バンコクでの生活がまた始まりました。

こちらでは、海外に住む小・中学生用の教材に沿って家で勉強している息子。日本語は読みも書くこともまだ苦手で、見てやらないとなりません。

日本の学校は教育の質も高く(しかも公立はほとんど無料ですし)、安心して学校に預けておけるというのは、改めて本当にありがたいことだと思います。

そんな訳で、なかなか思うように自分の仕事が進みません。あれもやろう、これもやろうと、調子に乗って結構な量の材料や道具を持ってきたのです。カシミアのケープも仕上げてから帰りたいです。一体どこまでできるのでしょうか?

昨日は夕食後、いきなり「バッチン」という轟音がして、停電となりました。エアコンも照明も切れて、部屋の中は真っ暗。向かいのアパートも同じ目に遭ったようで、住人がワラワラと外に出てきます。

管理人事務所の人たちは帰ってしまった時間だったので、夫がボソリと「明日の朝まで停電だな」つぶやきます。どんどん暗くなってきて、焦りまくる私。窓には網戸がついていないので、夜に窓をあけて寝るのは蚊を招き入れるようなもの。デング熱にかかるのはごめんです。

「あの店に蚊帳用のネットがあったはず」と思い出し、急いで蚊帳とナイロンロープを買いに走りました。

帰ってくると、竹のはしごを持ち出したおじさんたちが庭に来ていて、なにやら復旧工事が始まっていました(←ローテク)。バルコニーから見ていた夫が「全然進展してないみたい」と。日本だったら苦情がガンガンと電力会社へ行くのではないでしょうか?さすがここはのんびりしています。

蚊帳を広げて、四苦八苦して部屋の隅にかけるところを急ごしらえし、四隅を吊るし終わって、ヤッター!!というところでなんと電気が復旧。がく〜っと力が抜けました。嬉しいような悲しいような、、、。

ペナンに住んでいるときは、同じようにアパートに網戸がついていなかったのです。毎日、日が落ちると蚊が大量に家に入ってくるので、とても起きていられませんでした。夕食後はシャワーを浴びて、さっさと蚊帳の中に飛び込んだものでした(その後、窓を閉めてエアコンを入れるという術を身につけましたが)。

まあ、こんなことはまたあるでしょう。蚊帳の準備だけでなく、懐中電灯の電池残量をチェックしたり、次回の心構えもできたので、よしとしましょう。エレベーターの中にいるときでなかったのが何よりです(考えただけで恐ろしい)。

近所の様子を撮ったので、何枚か載せますね(通りの電線のすごさを見てください!)。下は近くのお屋敷のハスキー。ハスキーはやっぱりかわいいなぁ。今年の4月には子犬だったのに、もう中くらいのサイズになっていました。タイの気候はさぞ暑いだろうなと思うのですが、毛を刈ってもらっているようです。

今日のおやつ。

バナナの葉っぱに包まれた、もち米のスウィーツ。ピンク色はバナナ。黒豆のような豆が入っています。ココナツミルクでほんのり甘い。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

バンコクより

大急ぎで荷物をまとめて日本をでてきました。

ギリギリまで仕事をして、どうにか予定のところまで終わったのですが、そのあとの家の後片付けと、持ってくるものの梱包で今回は手間取りました。毎年のことなのに、いつも出発前はバタバタです。

ちょうど長野では雪が降りはじめたとのこと。今年は雪だるまがつくれずに息子は残念な思いをしているよう。雪遊びは3月に日本へ帰るまでおあずけです。日本は急に寒くなったと聞きますが、みなさまも風邪などひかないようにお気をつけくださいね。

バンコクの住まいにもようやくwifiが入り、ネットにつなげるようになりました。こちらからも時々ブログをアップします。

 

ふじのおいしい時期を迎えたというのに、日本を出てくる前に満足に食べてこられませんでした。それが心残りです!(なので、せめて写真だけでも)。

オンラインストア ご利用ありがとうございました

秋のオンラインストアを昨晩閉店いたしました。

この度もたくさんのみなさまにご覧いただきました。ご注文はもちろん、あたたかなご感想メッセージもどうもありがとうございました!

秋の展示会はできませんでしたが、こうした形で各地のみなさまにもお届けすることができ、とても嬉しく思います。

みなさまのそれぞれの生活のなかで、これから役立てていただけることを祈っています。

…………..

 

「お餅を食べたい」という息子のリクエスト。

もち米の新米を買って、一日近く吸水させた後、タイで買ってきたもち米用のカゴとポットで蒸してみます。コンロは煮染め用のもの。外で料理するのも、タイの屋台気分です。

バンコクのアパートの近くで屋台をだしている、イサーン(タイの東北)のお姉さんに聞いたのは、「一時間吸水させて、15分蒸せばいいのよ」とのことでした。たしかに15分ガンガン蒸してみると、いい感じに火が通っています。

カゴの両側を持って、えいやっともち米を動かすと、簡単に天地返しもできました。このあと更に5分蒸しておしまい。

さすがにもち米が主食だけあって(特にタイ東北部イサーン地方とラオス)、このカゴが大変合理的にできていることに納得します。こういった道具というのは、毎日使われ、改良を重ね続けてきたならではの使いやすさがありますね。

くっつかずに、ポロっともち米が取り出せました。

 

ボウルに入れたもち米を、息子と夫が麺棒でついてお餅に(臼と杵がないので)。

残りは、ラオスで買ったもち米を入れるこのカゴ(ティップ・カオ)に一食分を入れてみます。このカゴのおひつも、蒸れないように高台に編まれています。これをぶら下げてお弁当にしたい!

今年の夏は、タイ料理はほとんど作りませんでした。でも、もち米があると、やっぱりタイ料理(というか、イサーン&ラオス料理)を食べたいなぁ、、と思います。肉が食べられるようになったら、ラープ(ひき肉と炒り米のサラダ)を作ろうかな、、。

(一番上の写真は、お餅と一緒に食べるスープに入れる野菜を、実家の父の畑から探している息子です)

 

5ヶ月前に注文しておいたカディが、ようやくインドから届きました。

いつもお願いしているのとは違う工房にお願いしたのです。30日で織り上げられるとのこと。まあ、2ヶ月くらいかかるだろう、、とは思っていました。

が、私が甘かったようで、いつまで経ってもなんとも言ってきません。思い出すたびに、「いつになったら送ってくれるの?」とメールで問い合わせをするも、「雨が多くてこの種類のカディの織りが遅れている」だのなんだのと訳のわからない返事ばかりで不安になる一方でした。

ようやく実物が送られてきて、小躍りしたい気分です。

プレーンなカディの他に、初めてのストライプ模様のカディも織ってもらったので、春夏もののデザインが楽しみです。これで来年の春夏の素材が揃いました。

もうすぐ帰国です

先日、近所のハスキーの子犬にみとれて歩いていたら、路上で行き倒れになっていたアミメニシキヘビを踏みそうになりました。道のまんなかで昇天したのを、誰かがバナナの枝で道の傍によせたような風情(?)です。

それにしても大きな蛇です。頭はアヒルの卵より大きく、長野の家の周りで見る蛇の何倍もの太さです。街中にこんな大きなニシキヘビがいるなんて。この辺にいるヒキガエルを食べにきて、心臓発作にでもなったのかなあ。そういえば、ペナンにも体長1〜2メートルの水トカゲがうろうろしていました。

熱帯というのは、爬虫類と共存エリアなのかもしれません(トイレの中から蛇がでてきたという実話をうっかり話してしまい、息子は怖がって、しばらくトイレに行かれませんでした)。

スーコタイ歴史公園にて Sukhothai 2015 
スーコタイ歴史公園にて Sukhothai 2015 (この時の )

 

さて、もうすぐ帰国です。

チャイナタウンやリトルインディアで食材の買い物もすませ、貝ボタンも調達しました(いつも買っている貝ボタンが日本製だったことを、今回初めて知りました)。膨大な荷物ですが、これも梱包をすませて、あとは日本へ帰るのみ。

31日でwifiを切ってしまうので、次回のアップは日本へ帰ってからします。

スーコタイ歴史公園にて Sukhothai 2015 
スーコタイ歴史公園にて 後ろに遺跡が Sukhothai 2015

 

スーコタイ歴史公園にて こちらも後ろにクメール風の遺跡 Sukhothai 2015 
スーコタイ歴史公園にて こちらも後ろにクメール風の遺跡 Sukhothai 2015

暑期

住んでいるアパートに張り紙があり、今日はお昼から夕方まで断水になるということ。プールにも入れないし、少々不便なので、お昼に外出しました。

一歩外へでると、熱風が吹き荒れています。それもそのはず、最高気温は37度。体感気温48度だったようです。

そういえば先日、タイの気象庁も「暑期に入りました」と宣言したようです。日本でも、梅雨入りすると、気象庁が一歩遅れて宣言するのと同じでしょうか。

最近どうも、鈴を鳴らして通りを行き交うアイスクリーム売りの数が、ぐっと増えたような気がします。タイの人でも暑くなるとアイスクリームを食べたくなるのかなぁ?単に自分が食べたいと思っているから、よく気がつくだけなのかもしれません。

 

 

暑いうちに、来年の夏もののデザインをしています。秋冬ものは全然思いつかなくて困るのですが、バンコクの暑さのおかげで、真夏ものはスイスイです(春夏服専門になろうかとも思うほど)。

ここのところ、インドのカディコットンを織ってもらっている工房とやりとりをしています。いつもの生地のほかに、新しいものをお願いすることになっているのです。

とはいっても、相手はあのインド。びっくりするほど軽くて魅力的な生地を作ってくれることには脱帽ですが、お願いしていたのと全く違うものが届いたり、関税の額に目の玉が飛び出たり。送ってくるはずの時期に届かないのはいつものことですし、、、、必ず何か起きるので、気が抜けません。

服の形になって、みなさまにお見せできるのは随分先のことですが、楽しみにしていてくださいね。

 

これらの写真は一年ほど前にチャイナタウン周辺で撮ったもの(最近はカメラを持ち歩いていないので、新しい写真がありません)。

豆鼓や花椒を買いに寄った下のお店。店先に据えてあるお茶スタンドでは、羅漢果、菊花茶、王老吉や廿四味茶(二十四味茶)などの涼茶を売っています。こんなお茶スタンドは、香港や台湾でご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか?タイなのにチャイナタウンは、やっぱり中華圏ですよね。

龜苓膏(亀ゼリー)や羅漢果のジュースは、ペナンにいた時に涼茶舗で食したのがとても甘たるかったのです。効能はあるのでしょうが、常食したら逆に病気になりそうな気分になりました。

涼茶なら漢方みたいなのかな?一度飲んでみたいです。日本に帰る前に、もう一度買い出しにいくので、その時に寄ってみます。