藍を育てる / home-grown indigo

tamami watanabe として染めを始めた頃は、庭に藍の種を蒔いて育て、藍の葉から色素を取り出し「泥藍」を作って染めていました。以下は、その泥藍の製作工程を解説しています。

ここ何年か、徳島のすくも、沖縄の琉球藍、インドのインド藍を譲っていただき、それらを使って天然発酵させた藍染をしてきました。が、2015年に日本の藍の不作により、それらの材料が入手困難であったことを経験してから、藍栽培と泥藍の製作も再開しています。

 

■藍を育てる  Growing indigo plants

桜の咲く頃に種を蒔きます。寒冷地の長野で藍を育てるには、時間が限られています。そのため、直蒔きでもポット蒔きでも、その後の成長にあまり差がありません。Traditionally, indigo seeds are sown when cherry blossoms are in bloom. The growing season for indigo in cold Nagano is limited, so there is not much difference between first sowing in pots for later transplanting and directly sewing seed in the ground.

indigo seed 藍の種
藍の種 Indigo seeds

 

芽を出した藍
芽を出した藍  Indigo seedlings from seeds sewn in pots.

 

苗を藍畑に定植。水やりが大切です。
苗を藍畑に定植  Transplanted seedlings in the main garden.

 

間引きしながら大きな株に育てます。藍は水が大好きです。渇水の年は大きな葉にはなりません。
間引きしながら大きな株に育てます。藍は水が大好きです。渇水の年は大きな葉にはなりません。 We grow quite a large amount, thinning the crop as necessary. Indigo prefers wet soil, and if there is insufficient rain during the growing season, the leaves will be small.

 

大きくなりました。収穫前の藍。暖かな気候が好きな藍を長野で育てるのは、期間が限られています。7月末から8月にかけて何度か収穫します。最後の収穫は、花の咲く前に行います。
収穫前の藍。手をかけて、ようやく大きくなりました。7月末から8月にかけて何度か収穫します。最後の収穫は、花の咲く前に行います。Finally, the indigo is ready for harvest. We harvest several times from the end of July into August. The last cutting must be done before the plants flower.

 

■泥藍(沈殿藍)をつくる  Extracting indigo pigment

泥藍作りは、真夏の暑い日が続きそうな時を選んで行います。I usually prepare an indigo slurry in the hottest part of the summer.

藍草の刈り取り。家族全員で行います。
藍草の刈り取り。家族全員で行います  Harvesting the indigo is a family affair.

 

花芽をつけ始めた藍草。急いで刈り取り。花が咲くと、青い色素がなくなってしまいます。
花芽をつけ始めた藍草も。これも急いで刈り取り。花が咲くと、青い色素がなくなってしまいます。An indigo plant which began to flower. We had to harvest quickly, because when the plant flowers, the blue pigment disappears.

 

刈り取った藍を茎と葉に分け、葉だけを容器に入れます。井戸水で満たします。
刈り取った藍を茎と葉に分け、葉だけを容器に入れます。井戸水で満たします。Separating indigo leaves from their stems by hand, after which the leaves are placed in containers and filled with well water.

 

重石をして、一昼夜放置。
重石をして、一昼夜放置  The leaves are kept submerged in the water by covering them with heavy stone weights, and left overnight.

 

気温が足りない場合は、もう少し様子を見ます。かなり発酵してきたので、この時点で葉を取り覗きます。
気温が足りない場合は、もう少し放置して様子を見ます。かなり発酵してきたので、この時点で葉を取り除きます。If it is not warm enough, I must wait longer for the leaves to ferment, usually 2-3 days, after which I remove the leaves.

 

石灰を少しずつ加えながら攪拌。空気を送り込むように絶えず混ぜます。
石灰を少しずつ加えながら攪拌。30分〜1時間ほど、空気を送り込むように絶えず混ぜます。We take turns stirring the water that remains while adding lime powder little by little, mixing continually for up to one hour to aerate the liquid.

 

攪拌しているうちに、液が藍らしい香りに変化してきます。泡も少なくなります。
延々と攪拌しているうちに、液が藍らしい香りに変化してきます。泡も少なくなります。While stirring by hand for what seems to take forever, the liquid gradually begins to smell like indigo and the amount of bubbles decreases, too.

 

放置して、上澄みを取り除いていきます。下に沈殿したものが泥藍。
液を放置して、何日かかけて上澄みを取り除いていきます。下に沈殿したものが泥藍。I allow the solution to settle for a few days, then remove the supernatant. What has precipitated below is indigo.

 

できたばかりの泥藍(の一部)
できたばかりの泥藍。 バクテリアが生きています。Newly created indigo paste in which bacteria are active.

 

この泥藍をさらに乾燥させると、藍じょう(藍錠)となります。市販のインド藍は、この乾燥したブロック状や、そのブロックを砕いた粉末状で売られています。If this indigo is further dried, it takes the form of indigo “tablets.” Commercially available Indian indigo is sold in a dried blocks.

 

藍の花。種を取って次の年に備えます。
藍の花。種を取って次の年に備えます  Indigo flowers from some few unharvested plants, which we dry to take seed for the following year’s crop.

 

© 2013 tamami watanabe  このサイト上全ての記事(写真、文章)の無断転載を禁じます。All text and photos on this website are protected by copyright. It is unlawful to copy or otherwise use them without the express permission of the author or photographer.