製作ノート「素材と形つくり」 / Fabric to Fabrication

 ■パターン製作 Pattern making 

デザインからサンプル縫製まで、アトリエで仕上げます。アパレルの世界では、パターン作りもコンピューター全盛の時代ですが、私はアナログな手作業を好んでいます。平織りの綿生地(シーチング)を人台に着せつけながらパターンを形作る、立体裁断(ドレーピング)の手法で作っています。

Only natural and high-quality materials are used in the making of our clothes.

This line of clothing is made in large part from European linen yarns woven in Japan, and also wool, cotton and silk fabrics, that are dyed using natural materials (mostly plant-based dyes), and which clothes are sewn, and hand-dyed by me, in Japan.

The works are carefully sewn, well-made, and will last a long time. Fabrics used will soften with wear and washing; colors naturally undergo subtle changes as well over time.

人台に着せつけながらパターンを作ります。
人台に着せてパターンを形作っていきます。

 

■縫製のこと  Sewing method

仕立てにもこだわります。

ロックミシンを使わず、縫い目を折り伏せ縫い(縫い目を折り込んで仕立てること)や割り伏せ縫いで始末しているので、丈夫で長持ち、そして脱いで裏返した時もきれいです。針目も細かく縫います。

例外的に、ウールやウールジャージ(ニット地)を縫う時は、4本糸のオーバーロックミシンも使うこともあります。

折り伏せ縫いの例
折り伏せ縫いの例 / Example of flat fell seam

 

■素材について Materials

時間が経つにつれ風合いのでる、良質の自然素材をつかいます。

・麻 (亜麻 / Linen)

麻には苧麻やジュートなど何種類もありますが、主に使うのはリネン(亜麻)です。

製作には、イタリアンリネン(イタリアのリニフィッチオ社)や、フランスなどのヨーロッパ産の最高品質の糸から日本で織られたリネンを使っています。

リネンはチクチクするものと思っていらっしゃる方もおいでですが、高品質の糸は、織られる前によく洗いがかけてあるため、チクチクすることもなく、とても滑らかです(このあたりがお値段の安いリネンとの差です)。

使えば使うほど繊維がほぐれ、水分を吸い取りやすくなります。なじんで柔らかくなると、もう手放せません。なじんだリネンは、大きなシワもできないほど柔らかく、アイロンかけも必要ありません。着込んでご自分のリネンを育ててみてください。

リネンのいろいろ / linen fabric we use.
リネン 平織りからガーゼまでいろいろ / linen fabric we use

 

・綿(コットン / Cotton)

手間ひまかけて手紡ぎ手織りされたカディコットンは、軽く、涼しく、夏に最適の素材。北インドで作ってもらっています。主に細い糸で織られたものを使っています。また、3年以上無農薬で育てられた綿花からつくられるオーガニックコットンなども使います。

カディコットンとオーガニックコットンローン Khadhi cotton from India and organic cotton lawn.
カディコットンとオーガニックコットンローン / Khadhi cotton from India (left and centre) and organic cotton lawn (right)

 

・毛(ウール / Wool)

冬のケープなどは、先染めのウール、カシミアやアンゴラなど、天然獣毛100%の混紡生地から作っています。リネンとウールの混紡は草木染めしています。

藍で染めたウールリネンのストール
藍で染めたウールリネンのストール/ Indigo dyed woolen linen scarf.

 

カシミアウール。カシミア率の高いものを選んでいます。
カシミアウール。カシミア率の高いものを選んでいます / Cashmere wool fabric for winter items.

 

・糸とボタン

ミシン縫い糸、ボタンつけ糸共に、綿100%の糸を使用(ニットやウール類の場合をのぞく)。ボタンは貝ボタンを手で縫い付けます。白蝶貝、高瀬貝、黒蝶貝、茶蝶貝など。

ボタン
貝ボタン / shell buttons

 

© 2013 tamami watanabe  このサイト上全ての記事(写真、文章)の無断転載を禁じます。All text and photos on this website are protected by copyright. It is unlawful to copy or otherwise use them without the express permission of the author or photographer.