blog_1st May

今月の松本と東京での展示お知らせDMができました。松本のお客様から順に、近日中にお送りしますね。

2015春hako展示
Spring/Summer 2015

 

実は、このDMを作る時に、マグになみなみと入ったお茶をパソコンにドバーっとかけてしまい、一瞬にして画面が消えた時には、頭の中が真っ白に、、、。その後、一晩よく乾かしたら、パソコンの電源が入りましたが、あの時はもうダメかと思いました。

そういえば、その時の長野はまだまだ寒くて、一日に何杯もお茶を飲んで温まっていたのです。今は、そんなに寒かったのが嘘のよう。お天気に恵まれ、よいゴールデンウィークになりそうですね。

 


 

日本へ帰って来て一番嬉しいのは、息子なのかもしれません。毎日、庭で棒きれを持って走り回ったり、思う存分ドロだらけになって穴堀りをして楽しんでいます。まるで水を得た魚のよう。

ペナンでは、乱暴な運転の車が多く(人を人と思っていないドライバーが多い)、遊ばせる広い場所も近所にないため、屋内で過ごすことが多かったのです。息子本人もモヤシ状態でした。今はあちらにいた時よりも、よほど日焼けして健康的です。

私も、道具の揃った仕事場に戻って来ることができ嬉しいです。ペナンの家では、小さなテーブルに載せた、頼りない卓上ミシンでちまちま作っていたのですが、ここではテーブルに大きなパターンを思う存分広げられるし、工業用ミシンで縫えるし、資料も揃っているし、、、。

先日は父に、「水道の蛇口がもっとあるとはかどるんだけど」と話すと、すぐに井戸水のパイプを延長して、蛇口を9つつけてくれました。「まるで学校の水飲み場みたいだなぁ」とは父の感想ですが、このくらい数があると非常に便利です。もっと早く頼めばよかった。今までは、一つの口からつけたホースを染め場へ持って行って水を出し、止める度に蛇口まで走って戻っていたのですから。“弘法筆を選ばず”と言いますが、私は弘法大師ではないので、こうして仕事場と道具が整っているのは大助かりです。

 

ブラウス
染めの合間に秋用ブラウスの準備 Taking a brief break from dyeing for this spring/summer to work on a design for a blouse for this autumn/winter