染め重ね

急に暑くなったり、寒くなったり(今朝は氷がはっていました)、季節が混在しているかのようなこの頃。近頃の春は振動が大きいですね。

カラカラのお天気で、染めたものもよく乾きます。染め重ね作業も進行中。写真はいろいろな段階の染め。ラックとコチニールです。

一番上写真にある手前のブラウスは、ストライプに織ったカディコットンで作ったもの。染め重ねてみたら、白い細い線が浮き出たような模様になりました。これはいい感じです。

 

時々、息子にタンタンブームがやってきます。今もその真っ最中。図書館のタンタンシリーズの中から、数冊借りてきます。

小さい頃(写真下)は、絵だけを追っていました。夫が横に座り、セリフをでっち上げて語っていたことも。今ではひとりで夢中になって読んでいます。

夫の友達の中国系アメリカ人N氏は、「植民地主義だ。人種差別だ」と言ってタンタンを嫌っています。時代にあっていないと確かに思いますが、反面、人間の考えは以来そう変わっていないようにも感じます。息子もいつか世の中に出て行けば、自分で感じることでしょう。