2nd December

starfruit スターフルーツ

While Penang experiences seasonal changes, located only six degrees north of the Equator, these changes are more subtle than those in more temperate climes. My husband tells me that in the US, one can buy “fresh” grapes shipped by air from Chile in the middle of the northern winter. Aside from the unwise and obvious negative environmental impact of such commerce, the market is there, and will for profit always be exploited, until people learn again to live within seasons. People used to “put up” summer fruits and vegetables and in that way enjoy them throughout the winter. This custom has long since passed for almost everyone, though.

The starfruit pictured here is now in season. It has a taste somewhere between a grape and an apple, if that comparison is helpful. The flesh is not too soft, and the skin is eaten with the flesh.

ペナンは大きな四季の変化がないとはいえ、少しずつ冬に向かっています。果物売り場も、雨期に入ったばかりの頃の、色とりどりのものが並ぶ華やかな棚とはうってかわって、最近はちょっと寂しいようです(夫談)。これから涼しい冬が来て、乾期に入り、雨とおいしい果物が待ち遠しい毎日となるのです。

写真はスターフルーツ。輪切りにすると星の形になります。ぶどうとリンゴを足して二で割ったような食感と味。これは味よりも目で楽しむ果物のように思います。

 

starfruit
starfruit

 藍のリネン帆布でがま口をつくる

ペナンへ帰って来てから、ほぼ毎日ミシンに向かっているこのごろですが、久しぶりに自分のものを作りました。

紫のスウェードで来年の手帳のカバーを、自分で染めたリネン帆布の残り布で親子がま口の長財布を。こちらには藍染めの服を一枚も持ってこなかったので、改めてこうして手にする藍色にため息が出ます。あぁ、藍染めがしたい!

普段は白いものばかり縫っているので、たまにはこんな色のものを縫うのも気分転換になります。

 

手帳とがま口
材料はもちろん日本より持ってきました