福建土楼の村 朝の散歩

みなさまはどんなクリスマスの週末をお過ごしでしょうか?

我が家は、普段と変わらない日曜日を過ごしています。「日本ではケンタッキーフライドチキンが大混雑だったそうだよ」とニュースページを読んでいた夫が言っていました。西洋で七面鳥を食べる習慣が、フライドチキンにうまくすりかえられたんでしょうか。

夫の一族は、イブに魚介類を食べ、クリスマス当日に七面鳥を食べるのだそう。魚介類は奇数でなければならず、緑の野菜と一緒に食卓にだされるのだそう。毎年同じ質問をして、ちっとも覚えられない私であります。

 

前国王が亡くなって、喪中のタイ。冬の日本ならともかく、バンコクでも、道行く人のほとんどが、黒い服か無彩色の服を着ています。百貨店などに行くと、婦人服売り場が黒と白の服で埋め尽くされています。普段、タイの人は鮮やかな服を着ていますが、こんなことは初めて。クリスマスツリーも見かけ、モールはキラキラして賑やかですが、人々の表情は硬いように感じます。

 

・・・・・・・・・

 

さて、福建土楼の続きです。

 

滞在した竜岩市永定県の湖坑鎮洪坑村ですが、日中は観光客で大賑わいです。でも、朝早くは静かで、村の人の生活ぶりがみられました。霧もたちこめ、雰囲気抜群。散歩に最適でした。土楼めぐりもよかったけれど、私はこの時間が一番のお気に入りでした。

 

洪坑村
毎朝この道をそうじしているおじいさん。挨拶すると「おはよう!どこへ行くんだい?」と声をかけてくれました。Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

福裕楼(宿泊宿)の向かいにある、小さな規模の土楼 如升楼。
宿の向かいにある小さな土楼、如升楼。”Rushenglou” Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

朝市。奥のうさぎに注目。
朝市。左端は地元のうさぎ。(←宿で出してもらったのを食べましたが、まあまあおいしかったです)Morning market, Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

こちらは大きな土楼
こちらは大きな土楼、朝陽楼。 朝市帰りのおばあさんと。”Chaoyanglou” Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

今回の拠点にした「福裕楼」は、1880年から3年間かけ、10数万元の銀貨を使って建てられた土楼だそうです。これを建てた林三兄弟は、タバコ関係のビジネスで財を築いたのだそう。部屋数168、楼の敷地面積7,000平方メートルというのですから、日本では考えられない規模のお屋敷ですよね。

3日間で数々の土楼を訪れましたが、中でもこの福裕楼が土づくりにも関わらず5階建てと一番高く(五鳳楼という様式)、最も複雑なデザインをしています。今はあちこちホコリだらけですが、内部は彫刻などで装飾されて大変優雅でもあり、当時の繁栄ぶりを想像させるつくりでした

ここまで大きくて高くて堅牢な建物を建てて、跋扈(ばっこ)する強盗や野生動物から一族を守らなければならなかったとは。客家の人々持つ、家族の結束力を思わせます。

福裕楼。チベットのポタラ宮のようです。
福裕楼。チベットのポタラ宮のようです。”Fuyulou” Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

宿の看板犬。
宿の看板犬。”Fuyulou” Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

福裕楼の中で。
福裕楼の中で。”Fuyulou” Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

福裕楼の中
福裕楼の中 ”Fuyulou” Hongkeng Village, Hukeng Town, Yongding County

 

土楼は福建省のメジャーな観光地となってるようで、特に週末にはアモイから一日ツアーの観光客がどっと押し寄せます。穏やかな昔ながらの田舎を想像して行ったので、土楼によっては観光客で大混雑、お土産物屋ばかりで興ざめでした。「10元出せば最上階を見せてあげる」と、商売気旺盛な一族も。

一方で、誰もこない、ひなびた土楼にいたおじいさんたちが、「どこから来たんだい?中に入って見ていきなさい」と、ニコニコと話しかけてくれたのが、まったく正反対で印象に残りました。観光客の落とすお金が現地の人の生活を変えてしまうさまにも、はっきり境界線があるようで興味深く思います。

 

雲南省の最南端、西双版納傣族自治州を通った時(2012年)に、バスの窓からダイ族(傣族)の集落をいくつも見かけました。森の中にある集落の周りにはバナナの木が茂り、独特のタイ式の家々から煙が上がっている様子を見て、途中下車してみたいなあと思ったものです。今考えると、近くの大きめの街で宿を探して、そこから車をチャーターして行けば、行かれないことはない、、かな?

中国は広くて深く、見どころも行きたいところもたくさんあるので困ります!

次回の中国訪問は、苗族の藍染めを見に貴州へ行ってみたいです。