大雨の後

先週末にかけての大雨により被害にあわれた西日本にお住まいのみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

実家へ行ってヘリコプターから撮影されたニュースの映像を見るまで、被害の大きさが把握できていませんでした(自宅にテレビがないのです)。あんなひどいことになってしまったとは、、、。西日本にいらっしゃるお客様のお顔やお名前が頭に浮かんでいます。

染め直しのご依頼をいただいた分は、仕上がった順に発送をしているのですが、高速道路が通行止になっているため、長野発九州地方への配達ができない状態だそうです。被害のあった地域へも配達不能とのこと。復旧するのを待つしかないのですが、該当のお送り先にはメールでご連絡いたします。

ここ最近は、半日左官仕事(モルタル塗り)をし、もう半日は服の仕事をしています。

モルタル塗りが終わってやっと漆喰塗りに入ったところです。丸一日左官屋さんの真似事をするのはとても疲れるのですが、半日だけなのでスピードは遅いけれどあともう少しで終わりそうです。

今年は染め場の足元をもう少し使いやすく改造したいので、その計画を立てているところです。毎年計画倒れになっている倉庫も、今年こそは作るつもり。甕も到着したので、すくも藍も建てないとなりません。息子は夏休みの自由研究で毒ヘビの研究をしたいと言っているし、、、(←自分一人でやってほしい)、忙しい夏になりそうです。

涼しい日を選んで、夏みかんのピール(Candied citrus peel)を作りました。

この春に、峰雪さんにいただいた無農薬の夏みかんを食べたあと、皮を冷凍保存しておいたのです。茹でこぼして切りそろえ、タイのココナツシュガーでコトコト煮て、乾かして完成。うまくキャンディ化しないのもありましたが、強い柑橘系の香りのおいしいピールができました(峰雪さん、いつもごちそうさまです)。

が、ここで問題が。ココナツシュガーは吸湿性が高く、室温に置くとべたつくのです。せっかくココナツシュガーで作ったのに、グラニュー糖をまぶすのも避けたい。少しだけ瓶に出して、残りは冷凍保存となりました。

蒸し暑くなってきて、チョコレートやビスケットがとても重く感じられます。そういえば、ストーブを焚いている時期に、温まるために飲んでいたミルクティーやスープなどは、もう重すぎて飲めません。

今の時期、さっぱりしたお茶にこのピールや甘酸っぱい梅がぴったりです。タイにいてもあまり感じないのですが、日本にいると四季で食べたいものが変わるのが面白いなと思います。