保存食の続き

アップのお知らせ

オンラインストアのご利用、どうもありがとうございます。

今日の21時に2点のみアップします。

ほんとうは、コットンリネンガーゼの丸襟ブラウスをざくろ色に(ラックダイ)染め重ねた一点があったのですが、後ろみごろに米粒大のムラを発見したので、これは却下。時間をかけたのに残念ですが、、。

今日のアップで今回のオンラインストアの作品は全てです。あともう一週間弱オープンしていますので、ゆっくりご覧くださいませ。

ご注文のあと、お振込かカード決済をいただいてから、できる限りすぐに発送するようにしています。ですが、郵便振替ご利用の場合のみ、確認までに数日かかってしまいます。発送までしばらくお時間いただきますが、どうぞご了承くださいませ。よろしくお願いいたします。

 

タイの唐辛子

一番辛い「プリック・キ・ヌー」の種を買ってきたはずなのに、どうも違うようす
一番辛い「プリック・キ・ヌー」の種を買ってきたはずなのに、どうも違うようす

 

バンコクで種を買って、春に撒いた唐辛子。実がたくさんなりました。

一度に消費したら地獄の苦しみでしょうから、食べられない分は保存しなけばなりません。ただ干すのも芸がないので、プリザービングの本を引っ張り出してくると、いくつかホットソースのレシピが載っています。

育てた本人(夫)がクロック(石臼)を出してきて、嬉しそうに作っていたのは、イエメンの辛いソース「スクッグ」。コリアンダー(パクチー)の葉、にんにく、クミンやカルダモンなどのインド料理で使うスパイスも入って、香りもよくおいしそう。ひよこ豆のフムスに添えたり、スープに入れたり(オムレツに添えても)するようですが、どう控えめに考えても火を噴きそうです。

知らない食材、料理やレシピなど、調べてみると、その背景や歴史も知ることができて、二重に面白いですね。

スクッグ Skhug
スクッグ Skhug

 

あともう少しだけある紅玉。切って1%の塩水につけてから干します。
あともう少しだけある紅玉。切って1%の塩水につけてから干します。