どうもありがとうございました

オンラインストア どうもありがとうございました

今日10月12日をもって、秋のオンラインストアを閉店いたします。ご注文くださったみなさま、ご覧くださったみなさま、どうもありがとうございました。

おもいがけず沢山のみなさまにお求めいただき、嬉しいメッセージも頂戴して、大変励みになりました。染める作業が毎日続くと、いつまでこの体力がもつのだろう?と思うことがよくあるのですが、こんなに喜んでいただけるなら、しばらくは頑張らないといけませんね。レベルアップしながら、細々とでも続けていけたら、と思っています。どうもありがとうございました!

次回のオンラインストアのオープンは、2017年春の予定です。ニュースレターとこのブログでオープン予定をお知らせいたします。

 


 

秋祭り

さて、この週末は、収穫を祝う秋祭りが近所の神社で開かれました。

いままでは、(実家の父曰く)おじさんたちばかりだったお祭りに、去年から地区のこどもたちも参加しはじめたため、走り回るこどもたちの声も賑やかな行事でありました。ほとんど限界集落のような地域なのに、こどもたちがこんなに沢山いたんだ、、、と改めてビックリ。

 

はちまきをして張り切っている、真ん中のチビさんが気になります
こどもたちが(大人と)お神輿を運んできたところ。はちまきをして張り切っている、真ん中のおチビさんが気になります。

 

獅子舞
獅子舞とお神楽をみんなで見物

 

お神楽のメンバーのひとり、95歳のおじいさんが笛を吹いていたのですが、仙人のような立派な長い眉毛をのぞけば、どうみてもそんなお年にはみえません。背中もピシッと真っ直ぐですし、何よりとてもお元気そうです。父に聞けば、現役で畑仕事をしてみえるとのこと。そこに秘密がありそうですね。

田舎に住んではいても、生活は近代化してきているため、なかなか近所の人と話をする機会もありません。我が家は日本にいない時期もあるため、学校のPTAのメンバーもちんぷんかんぷん。なので、こんな風に顔をあわせるのいいな、と思ったお祭りでした。〆に綿あめや焼きそばもいただけて、こどもたちも「楽しかった!」と、大喜びでした。