「里山のおくりもの かご・ざる」展 松本民芸館 / Exhibition of basketry at Matsumoto Folk Craft Museum

現在、松本民芸館で「里山のおくりもの かご・ざる」展が開かれています。

県内の竹の籠などだけではなく、日本各地のものも、中国、マレーシア、韓国などのアジアや、中南米など世界各地のもの、様々な素材のもの200点ほどが展示されているそうです。

丁度、開催日の28日はペナンに出発する日だったので、私は見られませんでしたが、松本においでの方は是非。この松本民芸館は、中町通りにあるクラフトのお店「ちきりや」さんのご主人で民芸運動の担い手でもあった故・丸山太郎氏が創設、収集なさった民芸品を展示してある館です。

収集達の住むマレーシアでも手仕事が消えつつあることは前にも書きましたが、同じ日本でも同じ運命をたどらないよう願っています。この展示、見たかったです!

Exhibition of International basketry at Matsumoto Folk Craft Museum at Matsumoto, Nagano. 28 October 2014 to 8 February 2015. 「ざる・かご展」松本民芸館にて。

以下引用:

里山のおくりもの ざる・かご展

 かつては農家や杣人(そまびと)の副業として、近くの里山で採った竹や蔓などの材料で丈夫な日用品が作られてきました。生活の中で使われてきたざるやかごなど編組品の美しさをご覧いただきたいと思います。

日 時:平成26年10月28日(火)~平成27年2月8日(日)
会 場:松本民芸館
料 金:大人300円
中学生以下および70歳以上の松本市民は無料
問合せ:松本民芸館(TEL 0263-33-1569)

 

■松本民芸館
〒390-0221 長野県松本市里山辺1313-1
TEL・FAX:0263-33-1569

■The Matsumoto Folk Craft Museum (Matsumoto Mingei-kan)

Access: From Matsumoto JR Station about 20 minutes by bus — Utsukushigahara Line — to the Folkcraft Museum bus stop.
Admission: 300 yen for adult
Opening hours: 9:00am – 5:00pm; latest admission: 4:30pm
Closed Mondays and Dec 29 – Jan 3
Tel: 0263-33-1569

The Matsumoto Folkcraft Museum features exhibits of handmade wood and bamboo items, glassware, china, and porcelain. These items originate not only from this region, but from other parts of Japan and foreign countries as well.